60か国を旅したライターが「親日だ!」と感じた国7選 ④

インド
India

意外に思われるかもしれませんが、実はインドも予想以上の親日ぶりが感じられる国。
隣り合う中国とインドの関係は決して良いとはいえないために、中国人と思われるとぶっきらぼうな態度を取られることもありますが、日本人とわかると驚くほど好意的な態度を取られることが多いものです。
It may seem surprising, but in reality India is the country where I feel the first day in Japan than expected.
Because the relation between neighboring China and India is never good, it is sometimes taken a bad attitude if it seems to be a Chinese, but if you understand Japanese, you can take a surprisingly favorable attitude It is a lot.

日本に好意をもつインド人が揃って口にするのは、「日本製品は品質が良い」「世界的なブランドをたくさんもっている」「日本人は礼儀正しい」ということ。
インドの人々の親日ぶりは、そういった一般的な日本評価に加え、ネルー首相をはじめとする歴代首脳に親日派が多かったことも関係しているかもしれません。
The thing Indian people who like favor with Japan say that “Japanese products have good quality”, “they have many global brands”, “Japanese are polite“.
For Indian people’s parents’ first day, in addition to such general Japanese assessment, it may also be related to the fact that there were many families in the past leaders including Neru Prime Minister.

インド旅行中、筆者は通りすがりのカフェで無料でチャイに招かれたり、「何も買わないでいいから」と、土産物屋で店主との会話に招かれたりしたこともあります。インドといえば、詐欺ぼったくりといったイメージがあるかもしれませんが、損得を超えて旅行者と交流しようという人々も確かに存在するのです。
While traveling to India, I was invited to Chai for free at a passing cafe and I was invited to talk with a shop owner at a souvenir shop saying “I do not have to buy anything”. Speaking of India, there may be images such as fraud and quackly, but certainly there are people who want to interact with tourists beyond their disadvantages.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ