60か国を旅したライターが「親日だ!」と感じた国7選 ①

台湾やトルコなど、一般的に「親日的」として知られている国はいくつかありますが、そのほかにも日本に好感をもってくれている人が多い国はたくさんあります。
アジア・ヨーロッパを中心に60ヵ国を旅した筆者の経験からいえば、アジアの国のほとんどが「親日」といっても過言ではないでしょう。
世界各国で、日本がどのように受け止められているのか。筆者がこれまで旅したなかで、特に「親日だ」と感じた7つの国をご紹介します。
In Taiwan and Turkey, there are several countries that are generally known as “sunny“, but there are many other countries that also have favorable feelings in Japan.
From the experiences of the author who traveled to 60 countries, mainly in Asia and Europe, most of the countries in Asia are not exaggeration to say “most famous”.
How is Japan taken back by countries around the world? I will introduce seven countries that I felt in particular that I am “a nice day” among my travels.

台湾
Taiwan

「世界一の親日国(地域)」ともいわれる台湾は、やはり日本人にとって旅がしやすい国。日本語が話せる人が比較的多いうえ、町なかで日本語や日本の商品を目にする機会も多く、台湾の人々にとって日本はきわめて身近な国であることが実感できます。
日本人観光客が多いゆえに、日本語メニューを用意しているレストランや、日本語で接客してくれる土産物屋なども多く、日本との距離の近さを感じます。
Taiwan, also known as “the best country of the day in the world (region)”, is a country that is easy for japanese to travel. There are a lot of people who can speak Japanese, and there are also many opportunities to see Japanese and Japanese products in the town, and for Taiwanese people Japan can be realized as a very familiar country.
Because there are many Japanese tourists, there are many restaurants that have Japanese menu, souvenir shops that will be serving in Japanese, etc. I feel the proximity to Japan.

台湾では、1990年代から「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれる、ファッションや芸能など日本のポップカルチャーを愛する若者が増え、草の根レベルでの交流が深まっています。
台湾が親日といわれるようになったのは、日本敗戦後の中華民国(国民党軍)による統治があまりにもひどく、相対的にインフラの整備や教育の向上などを進めた日本統治時代が美化されたからだといわれています。
In Taiwan, young people who love Japanese pop culture such as fashion and entertainment, called the “Ha Ri-da (Harlees)” since the 1990’s, are increasing, and exchanges at the grassroots level are deepening.
It is said that Taiwan is said to be a famous day because the reign of the Republic of China (KMT) after the defeat of Japan was so bad that the Japanese rule of age where relative improvement of infrastructure and improvement of education advanced, etc. was beautified It is said that it is from.

しかし、今では戦争を知らない若年層に日本好きが増えていることを考えると、日本の大衆文化が浸透しているからという理由のほうが大きいのかもしれません。
中国に対しては複雑な感情を抱く人が多くても、「台湾が好き」という日本人は多く、「日本が好き」という台湾人も多い。日本と台湾のあいだには国交がないにもかかわらず、民間レベルでは相思相愛といえるでしょう。
However, given the fact that Japan’s love of young people who do not know the war is increasing now, the reason why Japanese popular culture is penetrating might be bigger.
Even though there are many people who have complex feelings against China, there are many Japanese who like “Taiwan,” many Taiwanese say “I like Japan.” Despite the fact that there is no diplomatic ties between Japan and Taiwan, it can be said that they are love each other at the private level.

ちなみに、東日本大震災に対する各国から義援金は、台湾がアメリカに次いで世界2位の29億2894万。しかも1位のアメリカとの金額差は大きくありません。これは台湾の人口が650万人ほどであることを考えると、驚くべき数字ではないでしょうか。
By the way, donations from each country for the Great East Japan Earthquake are the second largest in Taiwan after the United States, 2.92894 million. Besides, the difference in the amount with the first place in America is not large. Considering that the population of Taiwan is about 6.5 million people, is not this a surprising figure?

赤松春奈 2018/09/04

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ