60か国を旅したライターが「親日だ!」と感じた国7選 ⑤

ウズベキスタン
Uzbekistan

ウズベキスタンという国名を聞いても、それがどこにあるのか、そしてそれがどんな国なのか、よくわからないという人が少なくないことでしょう。
ウズベキスタンは中央アジアに位置するイスラム教の国。日本人にとってはメジャーな旅先とはいえませんが、実際にウズベキスタンを訪れてみると、日本人に好感や敬意をもつ人々が多いことに気づかされます。
Even when listening to the country name Uzbekistan, there are a lot of people who do not know well where it is, and what kind of country it is.
Uzbekistan is a Muslim country located in Central Asia. It is not a major destination for Japanese people, but when you actually visit Uzbekistan, you will notice that there are many people who are likable and respectful to Japanese people.

ローカルマーケットに出かければ、喜んで写真に納まってくれたり、ウズベキスタン独特の大きなパンを焼く様子を見せてくれたり・・・何人ものウズベキスタン人から、「日本はいい国だ」という声を聞きました。
ウズベキスタンで親日感情が広まったのは、第二次世界大戦後、シベリアなどから2万5000人の日本人抑留者がウズベキスタンに移送されたことに関係するといわれます。
If you go to the local market, you will be pleased to show up in the pictures, show us how to bake a big bread peculiar to Uzbekistan … from a number of Uzbekists I heard a voice saying “Japan is a nice country” It was.
It is said that the widespread feelings of the day in Uzbekistan is related to the fact that 25,000 Japanese detainees from Siberia and others were transferred to Uzbekistan after the Second World War.

首都タシケントでは、日本人抑留者が国立オペラバレエ劇場の「ナボイ劇場」の建設に携わった結果、短期間で完成し、地震でも無傷だったことから、強制労働でも手を抜かない日本人の真面目さに尊敬の念が生まれたとか。
ウズベキスタンの一般庶民の多くがこのエピソードを知っているかどうかといえば疑問ですが、「日本(人)はなんとなくすごい」と思っている人は少なくないようです。
In the capital city of Tashkent, Japanese detainees were completed in a short period of time as a result of engaging in the construction of the “Naboi Theater” at the National Opera and Ballet Theater, and since they were intact even in the event of an earthquake, the seriousness of the Japanese who does not overcome the forced labor Something like respect was born to him.
Whether many Uzbekistan commoners know this episode is doubtful, but many people think that “Japan (someone is awesome)” is not.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ