The brain ages with “a good life for health”? (完)


認知症になりやすい人がよく摂っている「○○」とは
先ほど述べたように、細胞と細胞の接着剤であるタイトジャンクションをいい状態に保つことは、認知症予防において非常に重要である。いい状態のタイトジャンクションとは、いい栄養は入れて有害なものを入れないように、適度にオープンしたりクローズしたりする状態だ。これがゆるみきってしまうと、何でもじゃんじゃん入ってきてしまう。
What is “○ ○” that people who are prone to dementia often take
As mentioned earlier, keeping the tight junction, which is an adhesive of cells and cells, in a good state is very important in prevention of dementia. A tight junction in a good state is a state that opens and closes moderately so that good nutrition is put and harmful items are not put in. When it gets loose, everything comes in with Janka.

では、なぜタイトジャンクションはゆるんでしまうのだろうか。その原因は、「小麦」である。具体的には、小麦などの穀物に含まれるたんぱく質、グルテンの構成成分の1つでもある「グリアジン」がタイトジャンクションをゆるめてしまう犯人なのだ。
どういう仕組みかというと、まず、この「グリアジン」は細胞刺激を送り、細胞からゾヌリンという成分分泌させる。ゾヌリンには、細胞と細胞の隙間をあけ、通過をよくする作用があるのだが、これは本来悪いことではなく、隙間をあけることによって必要なものを入れる役目をはたしているのだ。
So why tight junctions are loose? The cause is “wheat“. Specifically, “gliadin“, which is one of the proteins contained in wheat and other grains, gluten, is the culprit who looses the tight junction.
First of all, this “gliadin” stimulates the cell membrane and secretes a component called zonulin from the cell. Zonulin has a function of opening a gap between a cell and a cell and improving its passage, but this is not a bad thing in itself, it plays a role of placing necessary things by opening a gap.

しかし、毎日のように小麦をとり続けることによって、ゾヌリンが分泌され続けると、この隙間があきっぱなしになってしまう。するとその隙間から、本来は入ってほしくないような有害物質やバクテリアまでもが入ってきてしまうのである。この現象はまず、「小腸の粘膜」で起きており、これが「腸もれ」=リーキーガットの状態なのだ。
However, as zonulin continues to be secreted by keeping the wheat as everyday, this gap will remain. Then, from the gap, even harmful substances and bacteria which originally do not want to enter are entered. This phenomenon occurs first in “the mucosa of the small intestine”, which is the state of “leakage of intestines” = leaky gut.

さらに、ゾヌリンの影響は腸だけにはとどまらない。血管に入ったゾヌリンは、血流にのって脳にまで到達するからだ。脳には本来、不要なものや危険なものは入らないようにする「血液脳関門」という関所のようなものがある。脳はとても重要な臓器であるため、必要なものだけを入れて脳を守るバリアのような存在だ。しかし、この「血液脳関門」も一枚岩ではなく、やはりつなぎ目はある。そのつなぎ目に、ゾヌリンが作用すると、関門があるにもかかわらず、そのゲートは開かれてしまうのだ。これは「リーキーブレイン(脳もれ)」の仕組みである。つまり、「腸もれ」が起きていると、血流にのって「脳もれ」にもつながってしまうということなのだ。
Furthermore, the effects of zonulin are not limited to the intestines. The zonulin that entered the blood vessel reaches the brain by blood flow. In the brain, there is something like a “blood brain barrier” that prevents unnecessary and dangerous things from entering. Because the brain is a very important organ, it is like a barrier that protects the brain by putting only what you need. However, this “blood brain barrier” is not monolithic, but still has a joint. At that juncture, when zonulin acts, its gate will be opened despite the barrier. This is a mechanism of “Leaky brain (brain leaning)”. In other words, when “intestinal leakage” is occurring, it will also lead to “brain leak” by blood flow.

極端なことをいえば、タイトジャンクションがゆるんでいても体内に有害なものが一切なければ問題はないだろう。しかし、食事、ストレスをはじめ現代は有害なものが身の回りにあふれている状況だ。そのような環境で、次から次へと有害なものが入ってくると、体内に免疫細胞があふれ、脳に炎症を起こしてしまう。そして、この炎症が一種の老化現象なのだ。脳内の炎症とアルツハイマーや、脳の炎症と認知機能の低下が深く関わっていることは、すでにいくつもの論文で明らかにされている。
n extreme terms, even if the tight junction is loose, there is no problem if there is nothing harmful inside the body. However, in today’s environment, including meals and stress, harmful things are full of personal belongings. In such an environment, when harmful substances come in from one to the next, immune cells overflow in the body causing inflammation in the brain. And this inflammation is a kind of aging phenomenon. Many papers have already shown that inflammation in the brain and Alzheimer’s, inflammation of the brain and decline of cognitive function are deeply involved.

大切なのは、脳内の炎症を起こす前に何ができるか、あるいは、脳内の炎症を起こさないようにするには何ができるか、である。さらに、すでに脳もれを起こしてしまっている脳を、もれない脳にすることが重要だ。次回は、毎日の生活の中で脳に対してどのようないいことができるか、具体的に紹介していきたい。
What is important is what can be done before causing inflammation in the brain, or what can be done to prevent inflammation in the brain. In addition, it is important to make the brain that has already experienced brain levitation a brain that can not get out. Next time I would like to introduce concretely what kind of good things can be done to the brain in everyday life.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ