長洲未来 驚異的な24歳でのトリプルアクセル

昨季、国内では14歳(当時)の紀平梨花がトリプルアクセルを成功させて話題となったが、長洲は現在24歳。かつて14歳で全米女王となった元天才少女も、フィギュア界ではもうベテラン選手だ。女子は体の成長に伴い、若い頃に跳ぶことができたジャンプを跳べなくなる選手が多い中、20代半ばで高難度のジャンプをマスターしたのは驚異的とも言える。
どうしてこの年齢で大技を跳べるようになったのか。
長洲はこう明かす。「ずっと跳びたいと思っていたけれど、すごく難しかった。まずはやせないといけない。今は生野菜を多く食べています。筋トレの量も増やしました」。ぽっちゃりしていた時期もあったが、今季の長洲の体は絞れている食生活改善とトレーニングによって、体に作り直したのは傍から見ていてもよく分かる。夏場のアイスショーで挑戦していた際、トリプルアクセルを代名詞としていた浅田真央さんに「これなら跳べるんじゃない」と背中を押されたことも自信になった

Last season, at the age of 14, Kihei Ewha of the age of 14 (then) succeeded Triple Axel successfully, but Nagasu is now 24 years old. A former genius girl who became a national queen at the age of 14 is already a veteran player in the figure world. As girls grow with their body, many players will not be able to jump at the young age, it is staggering to master a highly difficult jump in the middle of their twenties.
How did it come to be able to jump a great game at this age.
Nagasu reveals this. “I wanted to jump all the time, but it was really difficult, I must do it first, I am eating a lot of raw vegetables and increasing the amount of muscle training.” There was also a time when it was chubby, but the body of Nagasu of this season is squeezing. By improving eating habits and training, you can easily understand what you rebuild your body from nearby. When I was challenging at the ice show in the summer, I became more confident that Mr. Asada who used Triple Axel as a synonym was pushed back “I can not jump if this is the case.”

◆平昌五輪第4日 ▽フィギュアスケート団体女子フリー(12日・江陵アイスアリーナ)
平昌五輪フィギュアスケート団体女子フリーで米国の長洲未来(24)が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功させた。加点1・57点がつく美しいジャンプで137・53点の自己ベストをマークし、2位に食い込んだ。五輪でのトリプルアクセル成功は1992年アルベールビル大会の伊藤みどり、10年バンクーバー、14年ソチ大会の浅田真央に次いで3人目。米国人では初の快挙。

Pyeongchang Olympics Day 4 ▽ Figure Skating Group Women’s Free (12th · Gangneung Ice Arena)
Pyeongchang Olympics Figure Skating Group Women’s Free, the Nagasu Future of the United States (24) succeeded in a three-turn half jump (Triple Axel). With a beautiful jump with a score of 1. 57 points, he marked his best of 137 · 53 points and bite into second place. The triple accelerator success at the Olympics is the third person after Ita Midori of the Albertville Competition in 1992, Vancouver in 10 years, Mao Asada of the Sochi Tournament in 14 years. It is the first accomplishment for Americans.

4位でメダルに届かなかった2010年のバンクーバー五輪で、浅田真央のトリプルアクセルに心を奪われた。
「8年前に浅田真央さんが、プレッシャーがかかる五輪の舞台で決めていてすごいなと思った。浅田真央さんみたいに自分も、そういうすごいジャンプをやりたいと思った。五輪の舞台で跳べてすごくうれしい」
前回のソチ五輪は代表入りを逃した。1月の全米選手権で2位に入り、8年ぶり2度目の五輪切符をつかみ取った。「スケーターの人生は本当に短い。私は24歳になってやっとトリプルアクセルを跳べるようになった。ソチの涙を使って、頑張ってきた。私は選手として『トシ』って言われるけど、他の選手も諦めないで」。
日本人の両親を持つ長洲は日本語でユーモアたっぷりに、スケーターたちにエールを送った

At the 2010 Vancouver Olympics who did not reach medals in the fourth place, the heart was robbed by the triple Axel of Maoto Asada.
“I thought that Mao Asada decided on the stage of the Olympics that is under pressure eight years ago and I wanted to do such an amazing jump like Mao Asada … I can jump at the stage of the Olympics and it’s amazing It’s nice. ”
The last Sochi Olympics missed being a representative. I entered second in the US national championship in January and took the second Olympic ticket for the first time in 8 years.
“The life of the skater is really short, I finally got to jump triple axel at the age of 24. I cried hard with tears of Sochi, I am told that as a player” Toshi “, others Do not give up on the athlete. ”
Nagasu, with Japanese parents, sent ale to skaters with plenty of humor in Japanese.

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ