全米オープンが大坂にしたことは恥ずべきこと(ニューヨーク・ポスト)

8日の全米オープン女子決勝について、米メディアは大坂なおみ(20)の優勝を速報するとともに、敗れたセリーナ・ウィリアムズ(36)が主審に抗議し、異例の試合展開になったことにも注目した。
ニューヨーク・タイムズ紙は「大坂の力、スピード、心の混乱をシャットダウンする能力が相手に打ち勝った」と称賛した。
Regarding the US Open Women’s Final on Wednesday, the US media reported the winning of Osaka Naomi (20) and the defeated Celina Williams (36) protested the referee and unusual game development I also noticed that.

The New York Times praised “Osaka’s power, speed, the ability to shut down the turmoil of the heart overcame the opponent.”

一方で、S・ウィリアムズが主審からペナルティーを受け、騒然となった試合展開も取り上げた。同紙は「怒り、罵声、涙、(警告を巡るS・ウィリアムズの)差別の申し立てが大坂の勝利に影を落とした」と伝え、「S・ウィリアムズと主審の衝突した試合として記憶されるだろう」と報じた。
Meanwhile, S. Williams took the penalty from the referee and took up the game development that became troubled. The newspaper said, “An angry, scolding, tears, a complaint by gender difference (of S. Williams over warning) has cast a shadow over Osaka’s victory,” and is memorized as a game where S. Williams and the referee collided Wow “.

USAトゥデー紙は、表彰式で観客のブーイングを聞いた大坂が、サンバイザーのつばを下に引いて顔を隠して涙を流す写真を掲載し、「スポットライトが大坂でなくウィリアムズに当たって残念だ。多くの人は大坂への祝福が奪われたと感じている」と同情した。
In the USA Today newspaper, Osaka who heard audience booing at the awards ceremony posted a photograph that pulls down the sun visor’s collar to hide his face and shed tears, “It’s a pity that the spotlight hits Williams instead of Osaka. Many people feel that the blessing to Osaka was robbed. ”

このほか、タブロイド紙ニューヨーク・ポストは論評で「全米オープンが大坂にしたことは恥ずべきことだ」と酷評し、全力を尽くして番狂わせを起こした大坂に肩身の狭い思いをさせ、「これほどスポーツマンシップに反した出来事を見たことがない」と批判した。
In addition, the tabloid new york post was a criticism in the commentary that “The US Open made it to Osaka is a shameful thing” and criticized, Osaka who took full advantage of himself and caused him to upset Oshasa’s narrow will, I have never seen an incident contrary to mastership. ”

毎日新聞
【ニューヨーク長野宏美】

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ