ロシアTVより、「最も劇的な試合」「日本、ありがとう」

後半追加時間にベルギーが決勝点をあげ、劇的な幕切れを迎えたW杯決勝トーナメント1回戦日本対ベルギー戦を、開催国ロシアの国営メディアは「奇跡」「ドラマ」などの言葉をくり返しながら伝えた。
Belgium raised the points in late addition time, the World Cup finals tournament tournament that came to a dramatic beginning of the tournament First round game against Japan against Belgium, host country Russia state-run media talks while repeated words such as “miracle” “drama” It was.

試合終了直後の国営テレビの番組では、司会者が冒頭で「今大会で最もドラマチックな試合の一つだ!」と叫んだ。コメンテーターの一人は「ベルギー、日本、ありがとう」。日本の戦いぶりに感想を求められた別のコメンテーターは「こんな日本を予想していなかった。欧州のサッカーになじんだ私がこれまで知らなかった、エキゾチックなサッカーを見せてくれた」と健闘をたたえた。
In a television program just after the end of the match, the moderator cried out at the beginning “It is one of the most dramatic games in the contest!” One of the commentators is “Belgium, Japan, Thank you.” Another commentator who was asked for impression on the first fight in Japan said, “I did not anticipate this kind of Japanese, I showed exotic football that I was familiar with European football so far, I praised.

後半、2点目のゴールを決める乾(14)=長島一浩撮影© 朝日新聞 後半、2点目のゴールを決める乾(14)=長島一浩撮影
戦前は世界ランキング3位のベルギーの勝利を予想する声が圧倒的だったが、中継のアナウンサーは前半、日本を「大会で最も組織されたチーム」と紹介していた。その日本が後半開始早々に先制点をあげると「何という組織的な攻撃だ」と感嘆の声をあげた。そしてMF乾貴士がミドルシュートであげた2点目には「すごい」と絶叫。「(クロアチア主将の)モドリッチみたいじゃないか」と驚いてみせた。
Determining the goal for the second half, Dry (14) = Kazuhiro Nagashima Photography © Asahi Shimbun second half, the goal of the second goal is determined dry (14) = Nagashima Kazuhi shooting
Prior to the war the voices predicting the Belgian victory in the world ranking number 3 were overwhelming, but the announcer of the relay was introducing Japan as “the team organized most at the convention” in the first half. When Japan launched its first goal early in the second half of the second half, he gave a voice of admiration that “What an organizational attack.” And MF Mr. Shiden screamed as “wow” on Middle Shoot 2nd point. “It seems like Modricci (captain of Croatia)” I was surprised.

ベルギーが至近距離からのシュートを連続して外すと、「驚くべきは日本が勝っているだけでなく、ベルギーよりいいプレーをしていることだ」とコメント。「まったく焦りが見えない」と、猛攻に耐えながら冷静にプレーする日本選手をたたえ、FWルカクをマークしたDF吉田麻也がボールをクリアするたび「奇跡だ、ブラボー」などとくり返した。
When Belgium discontinues the shot from a close range continuously, “A surprising thing is not only that Japan is winning but also that he is playing better than Belgium”. “I can not see impatience at all”, praising Japanese players who are calmly tolerating endurance, every time DF Yoshida Yoshiya who marked FW Lukaku cleared the ball, “Miracle, Bravo” and so on.

前日には地元ロシアが圧倒的に有利とされたスペインをPK戦の末に下した。その試合の興奮を思い出したようだ。ベルギーが同点に追いつくまで、解説者も「(1次リーグで)前回優勝のドイツを倒した韓国に続き、アジアのチームが奇跡を起こしている」と話していた。
On the previous day, the local Russia declared Spain, which had been overwhelmingly advantageous, at the end of the PK game. It seems that I remembered the excitement of the game. Until Belgium scored the tie, commentator also said that “Asian team is making a miracle following Korea who defeated German of the previous victory (in the first league)”.

(モスクワ=喜田尚)© 朝日新聞より

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ