80年前に予言された、幻の「マヨラナ粒子」の存在が明らかに!?

物理学の理論で約80年前に予言され、世界の物理学者が競って探している「マヨラナ粒子」の存在を証明したと、京都大と東京大、東京工業大の共同研究チームが11日、発表した。今回はマヨラナ粒子そのものを発見したわけではないが、チームは「存在を証明する決定的な証拠が得られた」としている。
A joint research team of Kyoto University, the University of Tokyo and Tokyo Institute of Technology said that he was prospecting about 80 years ago in physics theory and proved the existence of “Mayorana particles” that world physicists are searching for competing, , Announced. This time we did not discover the Mayorana particles themselves, but the team said that “definitive proof to prove existence was obtained.”

膨大な計算を超高速で解く次世代計算機「量子コンピューター」に応用が期待される成果という。論文が英科学誌ネイチャーに掲載される。
It is expected to be applied to next-generation computers “quantum computers” that solve enormous calculations at ultra-high speed. The paper will be published in English science journal Nature.

物質を形作る原子は、電子など極微の粒子からできている。粒子には通常、重さが同じで電気の性質が正反対の「反粒子」がペアで存在するが、マヨラナ粒子は電気を帯びずに粒子と反粒子が同じ性質を持つとされている。
The atoms that make up the material are made of extremely fine particles such as electrons. Particles usually have pairs of “weight” and “antiparticle” whose weights are the same and whose electric properties are diametrically opposite, but the Mayorana particles are said to have the same properties without particles of electricity.

読売新聞 / 2018年7月12日

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ