小保方氏を犯人に仕立て上げた、捏造疑惑の張本人、若山昭彦

先頃、小保方氏の研究の正しかった事を裏付けるSTAP現象が、2015年11月27日、ネイチャー姉妹版「ネイチャー・サイエンティフィック・リポーツ」にアメリカの研究者グループによって報告された。これは、米テキサス大医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から、幹細胞になる細胞集団を発見したもので、「損傷誘導性筋肉由来幹様細胞」から、iMuSCsと名付けられた。

このiMuSCsは分化した筋原性細胞が部分的に初期化し、多能性を示している。同論文では、マウスの骨格筋肉の細胞が外的刺激によって初期化するのが見られ、単離して培養したところ、多能性を示す幹細胞(ES細胞)様になったと報告している。iMUSCsのキメラマウス実験で、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、肝臓、脳など生殖機能以外の組織をつくったことが証明された。

キンガ博士の発見は、作製方法は違っていても、理研が定義したSTAP現象と同じ原理であり、いわゆるSTAP現象が確認されたことになる。編注において、小保方氏の米国留学時代の論文が紹介され、多能性幹細胞が、分化した体細胞組織から生じ得ることが証明できたとしている。

養老孟司氏がSTAP現象をこのように否定していた。「哲学的に言うなら、生物は元来歴史的存在であり、「記憶の消去」はできない。記憶を消去したら細胞自体が消える。初期化とは工学の発想で、生物学的ではない。」と、これも自分の哲学観にこだわった、訳のわからない論法である。

さて若山氏についてであるが、2014年6月16日、若山氏自身が作製したSTAP幹細胞が、「自分の研究室にはないマウスだった。」と発表し、小保方氏が外部から持ち込んだように見せかけるが、7月5日にそのマウスが若山研のマウスだったことが判明した。しかしこの時、すでに小保方氏が犯人という世論は形成され、この情報は無視された。NHKの報道番組においても、この件には触れず、小保方氏への疑惑を指摘した内容になっている。

若山氏は更に、常軌を逸した行動に出る。「ネイチャー」の論文撤回の同意書の内容を巧みに書き換えてしまう。同意書には元々、「STAP幹細胞は若山研に維持されていたマウスのES細胞の系統と一致する。」と書かれていたのが、「STAP幹細胞は若山研に決して維持されていなかったマウスの系統であった。」とすりかえる。これによって、誰かがマウスをすり替えたという可能性を示唆することになった。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

One Response to “小保方氏を犯人に仕立て上げた、捏造疑惑の張本人、若山昭彦”

  1. Cornelia より:

    It happens with friends too, btw. I have a friend that makes me feel exactly how you describe. And who wants to feel like shit all the time? Apparently, I did for awhile because I remained friends. However, in the last couple of months I have examined our friendship and realized something. Not. What. I. Need. So I’m mon2#&v8i17; on. Glad you did too.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ