太陽系外に奇妙な2億年前の「不正な惑星」!輝くオーロラを放つ!①

(CNN)A strange 200 million-year-old object with the mass of a planet has been discovered 20 light-years from Earth, outside our solar system. The “rogue,” as it’s referred to by researchers, is producing an unexplained glowing aurora and travels through space alone, without a parent star.
The object, named SIMP J01365663+0933473, has 12.7 times the mass of the gas giant Jupiter, the largest planet in our solar system. It also has a strong magnetic field that is more than 200 times stronger than Jupiter’s.
(CNN)惑星の質量を持つ奇妙な2億年前の物体が、太陽系外の地球から20光年発見されました。研究者が指摘しているように、「悪意のある人」は、原因不明の輝くオーロラを作り出しており、親星のない空間だけを通って移動しています。
SIMP J01365663 + 0933473という名前のこの物体は、太陽系内の最大の惑星であるガス巨星ジュピターの質量の12.7倍です。それはまた、木星よりも200倍以上強力な磁場を持っています。

The temperature on its surface is more than 1,500 degrees Fahrenheit. Although this sounds hot, it’s quite cool compared with the sun’s surface temperature of about 9,932 degrees Fahrenheit.
So what exactly is this rogue object?
A study published this month in the Astrophysical Journal Supplement Series includes details from the detection.
その表面の温度は華氏1,500度以上です。これは暑いとは言えますが、華氏9,932度の太陽の表面温度に比べてかなり冷たいです。
では、この不正なオブジェクトはどういうものですか?
今月のAstrophysical Journal Supplementシリーズに掲載された研究には、検出の詳細が含まれています。

This is the first radio-telescope detection and first measurement of the magnetic field of such an object beyond our solar system. Astronomers found it using the National Science Foundation’s Karl G. Jansky Very Large Array radio astronomy observatory in New Mexico.
The surprising find is peculiar because it could be a planet or a brown dwarf.
これは、最初の電波望遠鏡の検出であり、私たちの太陽系以外の物体の磁場の最初の測定です。天文学者はニューメキシコ州の国立科学財団のKarl G. Jansky Very Large Array電波天文台を使って発見しました。
驚くべき発見はそれが惑星か茶色の矮星かもしれないので独特です。

Brown dwarfs are often considered too massive to be planets, but they aren’t quite massive enough to sustain the process of hydrogen nuclear fusion at their core, which powers stars. The first brown dwarf was discovered in 1995, although they were first theorized in the 1960s.
“This object is right at the boundary between a planet and a brown dwarf, or ‘failed star,’ and is giving us some surprises that can potentially help us understand magnetic processes on both stars and planets,” said Melodie Kao, study author and Hubble Postdoctoral Fellow at Arizona State University, in a statement.
茶色の小人は、しばしば惑星になるには大きすぎると考えられますが、星に力を与える核核融合のプロセスを維持するのに十分な大きさではありません。最初の茶色の矮星は、1960年代に最初に理論化されたが、1995年に発見された。
「この物体は惑星と茶色の矮星の境界にあります。星と惑星の磁気過程を理解する助けとなるいくつかの驚きを与えてくれます」と研究著者であるMelodie Kaoは述べています。アリゾナ州立大学ハッブルポストドクターフェロー。

 

By Ashley Strickland, CNN

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ