ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン人!(完)(Being alive with a daze, Nippon people)

働き方改革と「ぼんやり日本人」
ところが現代では競争がなくなって平和のように見えるいっぽうで、環境の変化に気づかずにただ今の瞬間だけ障りがなければそれでよし、多少の悪事に対しても「見て見ぬふりをする」風潮が世の中に蔓延している。
How to work and reform “blank Japanese”
However, in contemporary times competition disappears and it seems to be peaceful, as long as there is no obstacle only at the present moment without noticing the change of the environment on the other hand, it seems to be peaceful, and it is OK, even against some wrongs, the “tendency to pretend” trend It is prevalent in the world.

こうした「ぼんやり社会」はいつまで続くのだろうか。競争が行われず、既得権益だけが守られ、それに唯々諾々と従うだけでは、人々はますますモノを考えずに、上に忖度するだけになってしまう。そんな社会では新しい発想は生まれないし、自分の勤める会社の価値観にすがって生きているだけでは、イノベーションなぞ決して起こりはしないのである。
How long will such a “blurry society” last? If competition is not done, only the vested interests are protected, and then only a consecration is followed, people will become increasingly frustrated without thinking about things more and more. No new idea is born in such a society, and it will never happen by innovation without merely living in the value of the company that he works for.

政治の世界でも、こうした「考えないサラリーマン」の問題意識のなさにずいぶん助けられている感もなくはない。だが、社会は確実に変化している。今審議が行われている「働き方改革」法案は、この「ぼんやり」生きているサラリーマンに対して、長時間労働の是正や非正規雇用の労働条件の改善、裁量労働制の拡大などを提言している。
Even in the world of politics, there is no feeling that it has been much helped by the lack of awareness of these “unaware office workers”. However, society is definitely changing. The “working way reform” bill under discussion now recommends to this lively salaried worker, such as correcting long hours work, improving working conditions of irregular employment, expanding discretionary labor system, etc. are doing.

ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン人!
サラリーマンを企業に縛り付けずに、自由な時間を持たせて豊かな消費社会を実現しようとの目論見であろうが、彼らに自由な時間を与えて副業なども認めるということは、江戸時代の武士に他との交流を許し、変わりゆく世界に気づかせるのと同様の効果があることに気づくべきだ。それは長きにわたって平和の世界に安穏としていた武士たちに危機感を植え付けるきっかけになるかもしれないのだ。この法案が施行された瞬間、日本人の多くが、日本だけがこのガラパゴスの世界で未来永劫生きることはできず、シェアリングエコノミーなど新しい産業分野で台頭する中国やアジア諸国から周回遅れとなっている日本の現状を認識することにつながるかもしれない。日本社会の持つ深刻な制度疲労に気づくチャンスが訪れるかもしれないのである。
Being alive with a daze, Nippon people!
Whether it is a planning to realize a rich consuming society by giving free time without tying a salaried worker to a company, to allow them free time and acknowledge side jobs is a samurai in the Edo period You should be aware that you have the same effect as forgiving the exchange with other clan and making you aware of the changing world. It may be a catalyst to put a feeling of crisis on the samurai who had long been restless in the world of peace. As soon as this bill was enforced, many Japanese, Japan alone can not live forever in this galapagos world, and lagging behind China and Asian countries emerging in new industrial fields such as sharing economy It may lead to recognizing the current situation in Japan. There may be opportunities to notice the serious institutional fatigue of Japanese society.

そう考えるとこの働き方改革は、平和ボケの日本人を「太平の夢」から目覚めさせる特効薬になるかもしれない。ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン人!
If you think so, this way of working is likely to be a silver bullet for waking Japanese people with peaceful blur from “the dream of Taiping.” Being alive with a daze, Nippon people!

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ