オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ②

1. 優先事項再確認することが必要
1. It is necessary to reconfirm the priority

マンデラは、自身の知らないところでオバマにインスピレーションを与え、型にはまらない道を歩むことを促していた。「マンデラの光は、たとえロベン島の小さな独房からでも、とても強い輝きを放っていた。彼は70年代後半、地球の反対側にいた、ある若い大学生にインスピレーションを与え、自分の優先事項を見直させるとともに、世界が描く弧を正義へ向けて曲げるために自分が果たせる小さな役割を考えさせてくれた」とオバマは語った。
Mandela inspired Obama at an unknown point of view, encouraging him to walk on a path that is not a type. “The light of Mandela had a very strong sparkle even from a small cell of Robben Island, he inspired a young college student who was on the other side of the earth in the late 70’s, It allowed me to reconsider and let me think about the little role that I can play to bend the world’s arc toward justice, “Obama said.

私たちの行動は、その瞬間には分からなくとも、自分が想像するよりはるかに大きな影響を与えられる。一人の行動がより大きな動きにつながることを、決して過小評価してはいけない。
Even though we do not know at that moment our actions are much more influential than we imagine. Never underestimate that one’s action leads to greater movement.

2. 金銭的な動機は不十分
2. Poor financial motivation

働き始めると、人は金銭だけを求めてしまうようになりがちだ。しかし、金に目がくらんでしまった人は大抵、何年もたってから目が覚め、金のために意義を犠牲にしてしまったのはなぜかと考える。オバマにとって、金銭が主な原動力であったことは一度もない。彼は、金銭的な動機は人生を導く指標にはならないときっぱり述べている。
When you start working, people tend to ask for money only. But most people who are blinded with gold usually think that for years he woke up and sacrificed significance for gold. For Obama, money has never been the main driving force. He said that monetary motivation is not an indicator of life.

「私は自分が持つ金の量に驚いている。それでも、こうした(裕福な)人たちの大半と比べれば半分にも満たない。10分の1、あるいは100分の1にも及ばないかもしれない。人が食べられる量や、持てる家の大きさ、経験できる楽しい旅の数は限られている。つまり、それで十分なのだ。清貧の誓いを立てなくても、『よし、私が助けてあげよう。食べるものがなく、学費が必要なあの子どもの面倒を見よう。この子を助けたい。税金を少し多めに払おう。大丈夫、自分には払える』と言うことはできる」
“I am surprised at the amount of money I have, yet it is less than half that of most of these (wealthy) people, which may not be one tenth or even one hundredth There is a limited amount of people to eat, the size of houses that they can have, the number of enjoyable trips that can be experienced is limited, that is enough, even if you do not make a pledge of poverty, “help me Let’s see, I will take care of that child who does not have anything to eat and need a school expenses I want to help this child, I will pay a little more taxes, I can pay it to myself. “

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ