オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 (完)

3. 最後には正義が力となる
3. Justice will be power in the end

オバマは、マンデラが投獄されていた期間は、彼が特に大きな影響力を持っていた時期だったと指摘した。人は極限状態や苦難の時、何が真実で価値のあるものかについての信条が解体される環境に置かれる。こうしたつらい時期でも信念を貫ければ、勝利をつかむことができるだろう。
Obama pointed out that during the time Mandela was imprisoned it was when he had particularly great influence. People are placed in an environment where beliefs on what is true and worth are broken down in extreme conditions and hardships. If you persist in your beliefs at such hard times, you will be able to grab the victory.

「マンデラの力はこうした年月の間に強くなり、投獄者の力は弱まった。それはマンデラが、次のことを理解していたからだ。たとえ圧倒的な逆境直面していても、真実を貫き、自分の心にあるものが何かを心得、そのために犠牲を払う意思があれば、あすや来週、さらには自分の生きている間に変化が起きなくても、一時は後退してしまうことがあったとしても、最後には正義が力となるのであり、その逆ではない。最後にはより良い物語の方が勝ち残れるのであり、非常に強靭(きょうじん)な精神を持っていたマンデラも一人で闘っていたとしたら希望を持ち続けることはできなかっただろう」
“The power of Mandela was strengthened during these years and the imprisonment weakened, because Mandela understood the following, even if confronted with overwhelming adversity, it penetrated the truth Knowing what something is in your mind, if you have an intention to sacrifice for that, if tomorrow and next week, even if there will not be any change during your life, Even if there was, in the end justice is power, not the other way around, in the end a better story will survive and Mandela who had a very strong spirit also If I had fought alone, I could not keep hope. ”

オバマは2013年、マンデラの追悼式で、故人の最大の才能は、人々が皆「目には見えないかもしれない形で」つながっていることを理解する能力だったと述べた。オバマはマンデラのアプローチを見て、目的の追求は常に、自分よりも他人のためであることに気付いた。「他者に自分を共有し、周囲の人を思いやることで、私たちは自己を実現する」(オバマ)
Obama is a memorial service at Mandela in 2013, stating that the greatest talent of the deceased was the ability to understand that people are all connected “in a way that they may not be visible”. Obama saw Mandela’s approach and noticed that pursuit of purpose was always for others than himself. “We will realize ourselves by sharing ourselves to others and caring for people around us” (Obama)

オバマはスピーチで私たち全員に対し、批判的思考を行うこと、自分の時間と金を使って何をすべきかについてしっかりと考えることを求めた。しかし、私たちの周りには雑音があふれていて、自分が正しい方向に向かっているかを理解するのが難しい時もある。
そんな時は、ダライ・ラマ14世による次の言葉を思い出せば、簡単に判断ができる。「私たちが現世で持つ第一の目的は、他者を助けること。助けられなければ、少なくとも他者を傷つけないこと」
Obama demanded that we all think critically about what we should do with our own time and money, in our speech. However, we are surrounded by noise and sometimes it is difficult to understand if we are headed in the right direction.
In such a case, if you recall the next word by Dalai Lama 14, you can easily make a judgment. “The primary purpose that we have in this world is to help others, at least not hurt other people if not helped”

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ