お金がなくても幸せなおひとり様

数カ月に一度、お金のご相談にいらっしゃるダンディな「おひとり様」がいらっしゃいます。和人さん(71)です。彼は、毎回、お会いするたびに「安田さん、僕はね、いま、人生楽しくてしょうがないんだ」とおっしゃるのです。
There is a dandy “one person” who consults money once in a few months. It is Japanese (71). “Every time I meet you, Mr. Yasuda, I am saying that I am enjoying life for now and can not be helped“.

65歳の時に奥様と死別。お子さんはいません。最愛の奥様を亡くした3年間は、死んだようになっていたといいます。お勤め先は、大企業ではありませんので、お給料は飛びぬけて良かったわけではありませんが、地方の山間に小さなマンションタイプの別荘をお持ちでした。体の弱い奥様のために購入したものです
At the age of 65 he wasted with his wife. There is no child. Three years when my beloved wife died, he said he was dead. As my office is not a large company, my salary has not been good to jump in, but I had a small apartment type villa in the mountains of the province. I bought it for the weak wife of the body.

「子どもにお金がかからない分、私にでも買えたんだよ」と和人さん。
“Because I do not need money for children, I could buy it even for myself,” Kazuyoshi said.

奥様が亡くなられてから数年たって、やっと一人暮らしに慣れたころ、和人さんは自治体主催の教養講座で水彩画や写真の楽しみを覚えたそうです。そのころ私が講師を務めていた講座に参加されたのがきっかけで、和人さんの相談を受けるようになりました。
A few years after my wife died, when I got used to living alone, I heard that Mr. Wakamoto learned the enjoyment of watercolors and photographs at an educational lecture sponsored by the municipality. At that time I was consulted by Japanese people as I was attending the lecture which was lecturer at that time.

“よそ者同士”で畑仲間になったり、スケッチ仲間に
和人さんは今、東京の家を売り払って、別荘住まいです。数年前に決断をする時にはお手伝いをしましたが、別荘暮らしは彼にとって「正解」でした。いま、本当に活き活きと暮らしていらっしゃいます。
借りて野菜を作り、ドライブをしては、スケッチをして楽しむ毎日です。美しい山々を見ながら、ピクニック。お仲間とおしゃべりをしたりするのも楽しいのだとか。
Become a field fellow with “strangers” or to a sketch fellow
Wakami is now living in a villa, selling the house in Tokyo. When I made a decision several years ago I helped but the villa life was “correct” for him. I am living really lively now.
Make vegetables by borrowing fields, driving and doing sketches and enjoying everyday. While watching the beautiful mountains, we had a picnic. It is fun to do talking with your friends.

その別荘の周りには、他の地域から移ってきた人も住んでいて、“よそ者同士”で畑仲間になったり、スケッチ仲間になったりしたそうです。もともと、夏には、毎年1カ月ほど別荘にいるという生活をしていたのですが、引っ越してみると全く感じが変わって見えたといいます。暮らし始めてからは、どんどん友人が増えていったそうです。
Around the villa, people living in other areas also lived, becoming farm-field friends with “strangers” or becoming sketch fellows. Originally, in the summer, I lived in a villa for about a month every year, but when I moved I said that I felt completely different feeling. It seems that more and more friends have increased since I started living.

「もうね、まわりは70を過ぎている人ばっかり。でも、みんな前向き。明日どうする?どこ行く?っていう話が多いんだよ。“よそ者”だからさ、その周りでも、行きたいところがいっぱいあるんだよね。中には会社のお偉いさんだったと思える人もいるけれど、会社勤めをしていた時のことは一切言わないね。役員やっていたとか、海外赴任だったとかは、聞かないし、話さない。もっぱら、野菜や絵の話が中心でさ、楽しいよ。気持ちのいい人たちに出会えてよかった」と。
“There are many people around 70, but everyone is positive, but everyone is positive. There are many stories about what we will do tomorrow? Where are we going?” “Strangers” So there are lots of places that I want to go Some people think that it was a great company in the company, but I do not say anything about when I was working for the company, I do not hear you were doing officers or overseas assignments, Talk about vegetables and pictures mainly, it’s fun, I’m glad I met people with pleasant feelings. ”

体が元気な間、数年間であっても、充実した日々を暮らす
もちろんその中には、「素敵なガールフレンド」(本人談)もいらっしゃいます。結婚するつもりはないそうですが…。「青春だよ。一緒にいて楽しいもん。生きていてよかったよ」ですって。
While the body is healthy, even a few years, live a fulfilling day
Of course, there are “nice girlfriends” (principals) too. I heard that he is not planning to get married …. “Youth is fun to be with, I’m glad I was alive.”

「朝起きるでしょ。カーテンを開けた時の景色がいいのよ。寒い朝には、樹氷が見えたりするわけさ、朝からもう最高な気分。日中は、お友達と畑仕事したり、おしゃべりしたり、時々出かけたりして、もう退屈なんてしないわけ。夜は、一人で自炊してもさみしくないよ。昼間、さんざん友達とおしゃべりしているから。じっくり本を読んだりワインを飲んだりして。いい時間が流れていくんだ。妻が亡くなって一人になって、東京にも友達はいたけれど、さみしかった。いま、田舎暮らしで、夜になると外は真っ暗だけど、一人でいてもさみしくないね。人生でこんな充実した時が来るとは思わなかったね」と和人さん。
“I will get up in the morning, the scenery when opening the curtains is good, the icy ice can be seen in the cold morning, the best feeling in the morning.In the day I work in the field with friends, chat I do not get bored anymore at night, because I’m chatting with my friend in the daytime, because I chat with my friend in the day, I would like to read books carefully or drink wine A good time flows, my wife died and I became alone, there were friends in Tokyo, I was lonely, I live in the country living now, it is dark outside at night, but I am not lonky even if I am alone I did not think that such a fulfilling time will come in life, “he said.

何ともうらやましい
I am envious of anything.

「自炊しているでしょ。物価が安いし、畑で野菜も取れるし、農家の人から、余ったものをもらったりもするから、あんまりお金がかからないんだよ。少ない年金でも十分生活できちゃうんだよね」。年金は17万円で、あまりが出る時も多いとか。
“I’m cooking, you do not have much money because prices are cheap, we can also get vegetables in the field and we get surplus items from farmers, so you can live well with less pension right”. The pension is 170,000 yen, and there are many times when too much comes out.

和人さんの住まいは、車がなくては生活できない地域です。具合の悪い時は、タクシーも呼べますが、雪道を運転できなくなったら、里に移るという覚悟はできています。
The living place of the Japanese is an area where you can not live without a car. When I am sick, I can call a taxi, but when I can not drive on the snow road I am ready to move to the village.

東京の家を引き払って、こちらに来るべきか悩まれた時に、私に相談に来られました。本当にやりたいことがあるなら、たとえそれが短い時間であっても、心底楽しんだことは、記憶に残るし、人生に彩りを与えてくれるのでないか、という話をしました。
I got to consult me ​​when I was bothered whether I should come here, by withdrawing the house in Tokyo. If there really is something I want to do, even if it is a short time, I told that what I really enjoyed is memorable and will color my life.

結果、この山間の別荘に移るとしても、終の棲家にはならないかもしれないということを大前提に引っ越しが決まりました。車を運転することができなくなって、病院に通院することが必要になった時は、里に出て、病院通いがしやすいところに引っ越す。体が元気でいる間、たとえそれが数年間であっても、充実した日々を暮らせるのであれば、山間の別荘で、目いっぱい人生を楽しもう、と。
As a result, moving to a mountain villa in this mountain, I decided to move to the premise that I might not be the last house. When it becomes impossible to drive a car and you need to go to the hospital, go to the village and move to a place where you can go to the hospital easily. While the body is healthy, even if it is several years, if you can live a fulfilling day, let’s enjoy your eyes full of eyes at the mountain villa.

楽しく暮らす」秘訣は、一緒に楽しめるパートナーや仲間がいること
「老後を楽しく暮らす」方たちのリアルな生き方と覚悟をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?住まう場所や現役時代の肩書や年収、退職金や年金の多寡で、暮らし方が決まるわけではないのです。
The secret of “to live happily” is that there are partners and friends who can enjoy together
I introduced the real way to live and prepare for those who “live happily in old age”. What did you think? The way of living is not determined by the place where you live, the titles of the active era and annual income, the amount of retirement allowance and pension.

なが~い老後を「楽しく暮らす」秘訣は、夫婦関係が良好なこと。これにつきます。おひとり様も、同じ。一緒に楽しめるパートナーや仲間がいること。そして、良好な関係が築けていることが一番なんです。(お金も大事ですけどね)
Naga ~ The secret of “to live happily” old age is that marital relationship is good. I will follow. The same is true for one person. To have partners and companions to enjoy together. And it is best to have a good relationship. (Money is also important though)

安田 まゆみ
オールアバウト 提供
おひとり様が楽しく暮らすには、何が必要だと思いますか?

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ