「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ①

毎週金曜日の夜、一週間の勤務を終えて帰宅したサラリーマンがぼんやりテレビを見ていると、お堅いイメージの強いNHKの番組から「ボーッと生きてんじゃねーよ!!」という怒鳴り声が飛び込んでくる。
Every Friday night, when a salaried worker who went home after finishing work for one week finely watched TV, a shouting voice jumps in from a strong image of NHK’s strong image “Do not be alive with a beat !!” .

花金の夜を居酒屋で過ごして深夜に帰宅しても、土曜日の朝、ぼんやりまなこでテレビをつけると、いきなり画面から「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」と突っ込まれる。
Even though I spent a night in a pub with a pub and came home late at night, when I turn on the TV on a morning on Saturday morning, suddenly I’m stuck in from the screen “Do not live bowl !!”

2018年4月からレギュラー番組として始まったNHKの雑学クイズ番組「チコちゃんに叱られる」は毎週金曜日の夜と土曜日の朝(再放送)に、このボーッと生きている日本人に5歳のチコちゃんというキャラクターが活を入れるという構成で人気を博している。
NHK ‘s trivia trivia quiz show’ Scolded by Chico ‘, which began as a regular program from April 2018, is a 5 – year – old chico to the Japanese who lives with this daze on every Friday night and Saturday morning (rebroadcast) It is becoming popular with the constitution that the proper character activates.

「空気を読む」は形を変えて「忖度」に
“Reading the air” changes shape and becomes “calm

番組自体は、たとえば「バースデーケーキのろうそくの火はどうして吹き消すのか?」といった他愛のない問題に答えられなかったり、間違えた回答をするゲストに対してチコちゃんが件の決め台詞吐くだけの単純なものだが、問題の内容はともかくこの番組の根底に流れているのが、街頭で同じ質問を受ける日本人たちの何とも言えぬ「のんびり」加減である。質問を受ける人々のほとんどが、「えーっ、わかんない」とか「知らなかったあ」と言って無邪気な顔を晒しているのだが、平和な国ニッポンの象徴的な光景だともいえる。
The program itself, for example, can not answer such unpleasant problems as “burning out candles in a birthday cake?”, Or Chico will only spew out the decided dialog for a guest who makes a wrong answer It is simple, but the content of the problem is nothing but the underlying cause of this program, it is the irresponsible “relaxation” of Japanese people who receive the same question on the street. Most of the people who receive the question are saying “I do not know” or “I did not know” to expose an innocent face, but it can be said that it is a symbolic sight of a peaceful country Nippon.

数年前、世間では「空気を読む」という流行り言葉があった。この言葉は現在、形を変えて「忖度する」になっているが、こうした流行語の背景も全く同じだ。自分の意見は言わずにひたすら流れに身を任せるだけのボーっとした日本人像だ。これを日本人の特性だとみる向きもあるが、実は日本社会の歴史的な構造の変化がもたらしているものとみられる。
A few years ago, there was a popular word that “reading the air” in the world. This word is now changing shape and becoming “fake“, but the background of such buzzwords is exactly the same. It is a booming Japanese statue just to leave himself to the flow without saying his own opinion. Although there are orientations to view this as a characteristic of the Japanese, it seems that the change in the historical structure of Japanese society is actually bringing.

牧野 知弘 MSN ニュース より

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ