安倍政権の「種子法廃止」は世界の趨勢に逆行か!?

これまで日本の多様な品種を守ってきた「種子法」が廃止され、日本の農業は大きな転換点に差しかかっている。そんななか、「多様な品種・種子を守る」ためのさまざまな動きが起きている。
The “Seed Law” that has protected various varieties in Japan has been abolished, and Japanese agriculture is approaching a major turning point. In such circumstances, various movements to “protect diverse varieties and seeds” are occurring.

◆注目されつつある「アグリエコロジー」
現在、南米各国やアフリカでは、農薬・化学肥料を用いて工業化された農業に対し、小規模・家族経営の農家による生態系の力を活用した農業や食のあり方が「アグロエコロジー」として力を持ちつつある。
「例えばブラジルでは、地域の食が壊されて安い加工食品による糖尿病急増が大きな問題になっており、農薬も化学肥料も使わない有機農業が注目されています」と解説してくれるのは「日本の種子を守る会」事務局アドバイザーの印鑰智哉さんだ。
◆ Agricultural ecology being attracting attention
Currently, in South America and Africa, agriculture and food ways that utilize the power of ecosystems by small and family-run farmers to agriculture industrialized using agricultural chemicals and chemical fertilizers are regarded as “agro ecology” It is holding it.
“In Brazil, for example, the surge of diabetes caused by cheap processed foods is broken because of local foods, and organic farming that does not use pesticides or chemical fertilizers has attracted attention,” explains ” It is Mr. Yoshiya Imaki, secretariat advisor, secretariat for Japan’s seed protection.

「こういった動きは急激に世界に広がりつつあり、日本の有機農業の割合はまだ1%ほどですが、7%のドイツは数年のうちに3倍にする計画ですし、アメリカでも毎年10%以上成長しています。有機農業の割合の高いキューバやロシアは、有機家庭菜園も盛んです
“These movements are rapidly spreading to the world, and the proportion of organic farming in Japan is still about 1%, but 7% of Germany plans to triple in several years, and in the United States more than 10% each year Cuba and Russia, which have a high percentage of organic agriculture, are also thriving in organic home gardens.

一方、綿生産がモンサントの遺伝子組み換え種子に席巻されたインドでは、22州に124以上のシードバンクが作られた。実のところ、遺伝子組み換え種子の特許を認めている国は少数だ。’80年に連邦最高裁が種の特許を認めたアメリカでは、「この20年で慢性疾患が急増し、平均寿命の伸びが止まる傾向」だという。
On the other hand, in India where cotton production was dominated by Monsanto’s genetically modified seeds, more than 124 seed banks were made in 22 states. As a matter of fact, there are only a few countries that recognize patents for genetically modified seeds. In the United States where the Supreme Court approved the patent of the species in ’80, “Chronic diseases are rapidly increasing in this 20 years, the tendency to stop growth of life expectancy”.

「タンパク質が低下したアメリカの大豆を、中国は輸入しません。モンサントは除草剤の使いすぎで耐性のある雑草が出てきてしまい、別の農薬を混ぜています。世界最大の育種企業であるモンサントを支えたは今、折れそうです」
種子法を廃止する日本の動きは、工業的な農業が見直されつつある世界の趨勢に逆行している愚行なのだ。
“We do not import Chinese soybeans with protein degradation, China does not import Monsanto has used resistant weeds due to overuse of herbicides and is mixing other pesticides.The world’s largest breeding company Monsanto The pillars that supported it seems to break now. ”
The movement of Japan to abolish the seed law is a folly that goes against the trend of the world where industrial agriculture is being reconsidered.

HARBOR BUSINESS Online / 2018年7月8日
<取材・文/宗像充 横田一>

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ