「格差社会」を指弾するコラムニスト(完)( Columnist to criticize “disparate society” )

現在世代に対する将来世代の生涯負担を比べると、他の国に比べて日本が突出して大きく、超過負担が169%にも達する。将来世代の負担は、今の高齢者に比べて1億円近く多い。この原因はピケティのいう資本主義の矛盾ではなく、社会保障ゆがみ是正しない政治の貧困である。
Compared to the current generation’s lifetime burden on future generations, Japan is more prominent than other countries, and the excess burden reaches 169%. The burden of future generations is nearly 100 million yen more than the current elderly. The cause is not the contradiction of capitalism called Piquéti, but the poverty of politics that does not rectify the distortion of social security.

日本経済の最大の問題は格差ではなく、みんな平等に貧しくなることだ。2014年の実質成長率はほぼゼロで、実質賃金は2.5%下がった。野党は「格差が拡大するから派遣労働を規制しろ」というが、規制を強化すると雇用が減るだけだ。安倍政権の「上げ要請」も、春闘に参加する大手企業の正社員の賃金だけを上げて非正社員との格差を拡大する。
The biggest problem of the Japanese economy is not the disparity, but everyone is equally poor. The real growth rate in 2014 is almost zero, and the real wage has dropped by 2.5%. The opposition party says, “Since disparity expands, please regulate dispatched workers”, but strengthening regulations will only reduce employment. The Abe administration’s “wage increase request” also increases the disparity from non-regular employees by raising only the wages of regular employees of major companies participating in the Spring Fight.

ピケティの主張とは逆に、日本には資本主義が足りないのだ。日本の株主資本利益率は上場企業の平均でも5%程度で、アメリカの1/3、ヨーロッパに比べても半分である。最近で格差が縮小したのは、小泉政権で成長率が上がった2000年代なかばだった。成長がすべてを解決するわけではないが、成長しないで格差を解決することはできないのだ。
Contrary to Piqueti’s assertion, capitalism is not enough for Japan. Japan’s return on equity is about 5% on average for listed companies, half of that of the US, half that of Europe. Recently the gap narrowed down in the mid 2000s when the Koizumi administration rose in growth rate. Although growth does not solve everything, it can not solve the disparity without growing up.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ