なぜ金正恩は中国を”千年の宿敵”と呼ぶか!?(完)

「支援」とは名ばかりの明の援軍
朝鮮半島に侵攻した秀吉軍は16万でした。柳成龍らの要請に応え、宗主国であった明は援軍を派遣しましたが、その数はたったの5万でした。しかも、派遣軍の兵糧の負担は朝鮮側持ちというケチぶりです。
“Support” is a name reinforcement
The Hideyoshi army invaded the Korean Peninsula was 160,000. In response to the request of Yu Ryora, Akira who was a religious country dispatched reinforcements, but the number was only 50,000. Moreover, the burden of dispatching troops’ weapons is the first moment of the Korean side to hold.

明軍はケチな上に悪辣でした。朝鮮は飢えに苦しんでおり、明の莫大な兵糧の要請に応えられませんでした。そのため、明軍は兵糧調達と称して、現地で手当たり次第の略奪に出ます。さらに明の将軍の李如松(り・じょしょう)は、朝鮮側が兵糧提供の義務を果たさないことを「約束が違う」と激怒し、柳成龍ら朝鮮の大臣を呼び出し、ひざまずかせ、怒鳴り上げました。柳成龍たちは泣きながら、李如松に許しを請ったといいます。これが明の「支援」の実態でした。
The Ming Army was stingy and bad. Korea was suffering from hunger and could not respond to the request of the Ming Dynasty. For this reason, the Ming Army calls for procurement of weapons, and plunges randomly on site. In addition, Lee Yi Matsu (Mr. Ji Matsuo) of the Ming of the Ming calls the Minister of the Republic of Korea Yehwa Ryoruri, “furious promises different” that the Korean side does not fulfill the duty of providing the weapons, he got down on yelling at yesterday It was. Yeongsong dragons say that they asked Lee Yasu Matsu for forgiveness while crying. This was the actual state of “support” of Ming.

結局、朝鮮は民衆から食糧を強制徴収する羽目になりました。餓死寸前に追い込まれた民衆は各地で反乱を起こし、日本軍もそれに巻き込まれました
柳成龍のような朝鮮の指導者は、中国からどんな仕打ちを受けようとも、ひたすら我慢し、中国に依存しました。依存せざるを得ないが、信用はできない。朝鮮にとって中国とは、大昔からそういう存在だったのです。
In the end, Korea was forced to collect food from the people. People driven to the point of starvation caused rebellion in various places and the Japanese army caught up in it.
Korean leaders like Yeong Yong-dul always tolerated and depended on China, no matter what kind of actions were taken from China. I have to depend on it, but I can not trust it. For Korea, China was such an existence from long ago.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ