衝撃映像!!北極海からブクブク噴出する「温室効果ガス」

NASAは先日、北極圏の湖の模様を収めた不気味な動画を公開した。そこには通常は氷で覆われているはずの湖が溶けて、水面をブクブクと泡立たせながらガスが立ちのぼる様子が収められていた。北極圏では温暖化の影響で、かつてないレベルの温室効果ガスの放出がはじまっている。
NASA recently released an uncanny moving picture containing the pattern of the Arctic lake. The lake, which should normally be covered with ice, melted, containing a state of gas rising while bubbling the surface of the water with a buckwheat. In the Arctic Circle, emission of greenhouse gases of unprecedented level has started due to the effect of global warming.

NASAが資金援助した北極圏の調査プログラム「北極・北方脆弱性(ABoVE)」の研究者らは先日、英科学誌「Nature Communications」に調査レポートを公開した。そこでは、北極圏の永久凍土が溶解して出来た湖から、メタンガスや二酸化炭素などの温室効果ガスが放出されている状況が報告された。
Researchers of the Arctic research program “Arctic / Northern Vulnerability (ABoVE)” funded by NASA recently released a research report on the English scientific journal “Nature Communications”. There, a situation was reported in which greenhouse gases such as methane gas and carbon dioxide are being released from the lake formed by dissolving the permafrost of the Arctic Circle.

北極圏は地球上で最も大量の有機炭素が氷のなかに閉じ込められてきた地帯の1つだ。アマゾンの熱帯雨林で木が倒れた場合は、バクテリアたちがそれを食べ、人間のように二酸化炭素を吐き出すが、他の木が二酸化炭素を吸収し光合成によって酸素にする循環が守られている。
The Arctic Circle is one of the areas where the greatest amount of organic carbon on Earth is trapped in ice. When trees collapse in the Amazon rainforest, the bacteria eat it and spit out like carbon dioxide like humans, but the circulation that other trees absorb carbon dioxide and oxygen by photosynthesis is protected.

しかし、北極圏の場合は木やその他の生物が死んだ場合、すぐに凍結して氷の中にとどまることになる。このため、北極の分厚い氷の中には、数万年にわたり有機炭素が貯蔵されてきた。
しかし、凍土が溶け始めるとバクテリアたちが目を覚まし、有機炭素を食べ始める。その結果、膨大な量の二酸化炭素やメタンガスが排出されるのだ。
However, in the case of the Arctic Circle, if trees and other creatures die, they will freeze quickly and stay in the ice. For this reason, organic carbon has been stored for several tens of thousands of thick ice in the Arctic.
However, as frozen ground begins to melt, bacteria begin to wake up and start eating organic carbon. As a result, enormous amounts of carbon dioxide and methane gas are emitted.

今回のNASAのビデオで示されたのは、北極の凍土が溶けた結果、これまで地下に眠っていたガスが放出されている現場の様子だ。氷の下の堆積物が溶け始めたことにより、莫大な量の温室効果ガスの放出が起きている。
The video of NASA this time is the scene of the site where the gas that was sleeping in the basement is released as a result of melting the arctic frozen soil. Due to the fact that sediments under ice began to melt, an enormous amount of greenhouse gas emissions are occurring.

さらに、研究チームは永久凍土層の融解によって生まれる、サーモカルスト(thermokarst)と呼ばれる湖について調査した。永久凍土が融解すると大量の水が放出され、周辺の地盤低下を引き起こす。小さなサーモカルスト湖がより大きな湖をつくりあげ、永久凍土の融解のスピードがさらに加速していく。
In addition, the research team investigated the lake called thermokarst, which is born by the melting of the permafrost. When the permafrost melts, a large amount of water is released, causing the surrounding ground decline. A small thermo karst lake creates a larger lake, and the speed of permafrost melting further accelerates.

研究者らはこの現象が、より大規模で急速な地球温暖化の進行につながりかねないと指摘している。永久凍土の融解による温室効果ガス排出は、我々の想像を上回る急速なペースで進んでいる。
The researchers point out that this phenomenon can lead to the progress of global warming at a larger scale and rapid. Greenhouse gas emissions due to melting of permafrost is progressing at a rapid pace that exceeds our imagination.

Forbes JAPAN
編集=上田裕資

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ