神戸、新名神橋桁落下事故、原因究明は?

4月22日午後4時頃、神戸市北区道場町で、延伸工事中の新名神高速道の橋桁(100m×巾10m)が、15m下の国道に落下。作業員が巻き込まれ、男性2人が死亡、8人が重軽傷を追った。

橋桁の重量は1350トンで、橋桁の西側を仮支えしていたジャッキ4基のうち2基が橋桁と共に崩落した。橋桁の西側部分がジャッキの不具合でジャッキと共に崩落、もしくはジャッキから滑り落ちたかして、橋脚の南側部分に落下した。

この橋桁の延伸工事では、橋脚を西側から東側へ送り出し、東側および西側の橋脚で橋桁を固定する工事で、橋桁の送り出しは終了しており、東側は専用設備で橋桁を吊り上げており、西側については、ベント設備という台に円柱状ジャッキ4基を正方形に並べて橋桁を支えており、事故時の22日は、西側ジャッキ支え部分の更に上側に、橋桁を専用設備で吊り下げるための金属製「セッティングビーム」を3基(計75トン)を取り付け完了し(4時過ぎ)、20分後、事故が起きた。

事故原因は西側のジャッキまたは土台が重量に耐えられず潰れたか、その過程で橋桁が滑り落ちたのか、詳細メカニズムは不明である。

過去の同様な橋桁事故としては、平成3年3月14日広島市で、60トンの橋桁が10m下の道路に落下し、車などを押しつぶして15人が死亡した。この原因は、橋桁を支えていたジャッキの位置が不適切、さらに、橋桁と橋脚をワイヤーでつなぐ等、落下防止のための安全管理がされていなかったと、裁判で指摘された。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ