自家撞着の改革をやめて「土着の知」に戻れ ①

日本人は平成30年間の終わりなき「改革」に疲れ切ってしまったのではないか。昭和と平成の違いは、「風土の喪失」が進んだことにあるのではないか。
中野剛志(評論家)、佐藤健志(評論家)、柴山桂太(京都大学大学院准教授)、施光恒(九州大学大学院准教授)の気鋭の論客4人が、平成30年間の日本人の意識レベルから政治のとらえ方までを徹底検証する
The Japanese are getting tired of “the reform” without the end of Heisei 30 years. The difference between Showa and Heisei may be that the “loss of climate” has advanced.
Four awful analysts of Tsuyoshi Nakano (critic), Kenji Sato (critic), Keita Shibayama (Associate Professor of Kyoto University), Heng Hsun Hsien (Associate Professor of Kyushu University) from the level of Japanese consciousness in Heisei 30 years We thoroughly verify the way of politics.

なぜ「プロジェクトX」は泣けるのか
施光恒(以下、施):国内外で社会心理学的調査を行って比較すると、意識のレベルでは欧米人よりも日本人のほうが個人主義的な傾向が強く出るんです。たとえば「自己犠牲をどのくらい重視するか」「個人は集団のためにどれぐらい貢献すべきか」と直接的に尋ねると、アメリカやカナダと比べても、日本人は個人主義が強い。
Why can “Project X” cry?
Light Heng Heng (hereinafter, administered): When conducting a social psychological investigation both at home and abroad, Japanese people tend to be more individualistic at the level of consciousness than in Westerners. For example, directly asking “How much emphasis is placed on self-sacrifice” and “How much should individuals contribute to the group”, the Japanese are more individualistic than the United States and Canada.

ただそうした調査を行った社会心理学者がしばしば指摘するのは、頭でよく考えて理知的に判断する意識のレベルと、動機づけや感覚といった半ば無意識のレベルのものから読み取れる傾向性は別だということです。半ば無意識のレベルでは、日本人は社会的関係の中で生きているという実感があるほうが元気が出るようなんですね。
However, social psychologists who conducted such surveys often point out that the level of consciousness that considers intelligently and considers intelligently, and the tendency to read from mid-level unconscious levels such as motivation and feeling It is that. At the mid-level level of unconsciousness, it seems that it is better for Japanese people to realize that they are living in social relationships.

 

久保田 正志 
東洋経済
Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ