自家撞着の改革をやめて「土着の知」に戻れ ③

日本人は現状否定願望変身願望が異常に強いんじゃないでしょうか。平成はバブル崩壊をきっかけにその自己否定を本気で実現しようとした時代で、それによって日本そのものが拒食症のようになって憔悴してしまった。ニーチェではないけれども、回復しようとして、かえって憔悴を早める処方箋を選んでしまったのですね。
Japanese people are unlikely to have a negative aspiration for the current situation, a desire for transformation to be abnormally strong. Heisei was an era when I tried to realize that self denial with the collapse of the bubble as a trigger, so that Japan itself became like an anorexia and ended up suffering. Although it is not Nietzsche, he tried to recover, but he chose a prescription to hasten her earlier instead.

居心地の良い状態に安住したり、得意なことに頼ったりしてはいけない〉という思い込みが強いのでしょう。それらを捨て去るときに感じる抵抗感や苦痛こそ、レベルアップのために乗り越えるべき壁であり、「逃げちゃダメだ、耐えて成長しなければいけない」と言い聞かせることに快感を覚える。
There is a strong belief that you should not settle in a cozy state or depend on what you are good at. The sense of resistance and pain I feel when I throw them away is the wall to overcome for level up and I feel pleasant to say, “Do not run away, I must endure and grow.”

小泉総理が唱えた「痛みを伴う改革」など、その最たるものです。改革の必要があるとしても、痛みなんて、なしで済ませられるものなら、ないほうがいいに決まっているじゃないですか。ところが「痛みを伴う」がつくと、「おっ、これは本物だ」という話になる。
くだんのメンタリティが、民族性といった「先天的」なものか、明治以来、近代化・欧米化を進める過程で学習した「後天的」なものかは、非常に面白いところですね。
Prime Minister Junichiro Koizumi advocated “Painful reform”, and that is the best. Even if there is a necessity for reform, if pain is nothing you can do without it is not better to be better. However, when “accompanied by pain” arrives, it is said that “Oh, this is real.”
It is a very interesting thing whether it is “innate” such as ethnicity of ancestor, or “acquired” that was learned in the process of advancing modernization / westernization since Meiji era.

「国をリセットする」のは、本来恐ろしい発想のはずだ
中野:日本人の変身願望では、「何に変身したい」という未来志向よりも、「とにかくこれまでの自分を消したい」という自己否定のリセット願望が強いようです。今の安倍総理も「日本をリセットする」とニューヨークで言ったことがあるし、橋下徹元大阪市長も「グレートリセット」と言っていた。昨年も小池百合子都知事が「リセットする」と唱えていました。
“Resetting the country” is supposed to be a terrible idea by nature
Nakano: In a Japanese aspiration desire, it seems that there is a strong desire for resetting self-denial that “I want to turn myself up to date” rather than the future orientation of “I want to transform into what”. Prime Minister Abe also said in New York that “I will reset Japan,” mayor Mayor Osaka Mayor Osaka said “Great Reset”. Last year Yuriko Koike governor also advocated “to reset”.

国家や社会をリセットするというのは本来、恐ろしいことのはずです。もし本気で日本をリセットしようとしたら、たとえば、日本語という言語そのものを変えてしまうということにもなる。あるいは、ヨーロッパがそうなりかかっていますが、移民を大量に入れて国民性を入れ替えるといったことになる。「国をリセットする」というのは、そういう危険な革命思想です。
Resetting the state and society is supposed to be horrible in nature. If you try to reset Japan seriously, for example, it will change the language itself of Japanese. Or, Europe is going to be so, but we will change the national character by putting in immigrants in large quantities. “Resetting the country” is such a dangerous revolutionary thought.

ところがみんな、そういった過激な言葉に恐怖を覚えることもなく聞いている。政治家が「リセットする」と言ってくれると、なぜかうれしくなるというか、いい響きと感じる。そういう感性が今の国民の中にあるんでしょうね。
日本語の廃止は明治から主張されています。むろん、敗戦後にも出ました。大抵は英語にしろ、という話になるんですが、志賀直哉は1946年、「フランス語に変えろ」と説いています。世界でいちばん美しい言葉だからとのことながら、ならばご本人はフランス語に堪能だったのかというと、実は話せなかったらしい。
However, everyone is listening without having to fear such extreme words. When a politician tells me to “reset”, I feel that it will be a nice sound for some reason. I guess there is such sensitivity in the people today.
The abolition of Japanese is being claimed from Meiji. Of course, it also came out after the defeat. Usually it will be said that English, Naoya Shiga prefers in 1946, “Change to French.” It seems that he was fluent in French if she said that if she said that she was the most beautiful word in the world, she could not actually talk.

1990年代、インターネットが普及したときも出たんですよ。いわく、日本語の文字は全角でないと読みにくい。ひきかえアルファベットは半角で大丈夫だ。すると2倍の情報を伝達できるわけで、このままだとデジタル時代、欧米に対抗できなくなってしまう。だから英語にしろ!
つまりは平成に入って、今までにない新しい動きが出てきたというより、近代の日本人に潜んでいた自己否定願望が、バブル崩壊以後の経済的挫折をきっかけとして噴出したのだと見ています。
In the 1990’s, when the Internet became popular, it came out. That being said, Japanese characters are hard to read unless they are full-width characters. You can restart your alphabet by hand. Then you can transmit twice as much information, and you can not compete with Western countries in the digital age, as it is. That ‘s why it’ s English!
In other words, I went into Heisei and saw that the self-denial wishful living in modern Japanese people sprang from the economic frustration after the collapse of the bubble rather than a new movement that has never existed I will.

ただそういう意識の表面だけの改革にも、そろそろ疲れが見えている気がします。2017年にアメリカの調査会社が「世界のビジネスマンのエンゲージメント(仕事への熱意度)調査」を行ったら、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかいなくて、世界最下位クラスだったそうです。
それを聞いて驚きましたね。だって1990年代初めには、栄養剤の「リゲイン」のCMで「24時間戦えますか」なんて言っていたわけですよ。リゲインを作っている第一三共ヘルスケアのホームページに、CMのキャッチコピーの変遷が載っているんですが、最初は「24時間戦えますか」だったものが、時代を追うに従って元気がなくなってきて、2014年のコピーでは、「3、4時間戦えますか」になっているんですね。
However, I feel that tiredness is about to be reformed only on the surface of such consciousness. In the year 2017, when a research firm in the United States carried out “Surveying the enthusiasm for the businessman of the world”, in Japan the proportion of “enthusiastic employees” is only 6%, it is the world’s lowest class It is said that.
I was surprised to hear that. Because, in the early 1990’s, I said “Can you fight 24 hours” on nutritional supplemental “regain” commercials? The transition of the catch phrase of CM is on the website of Daiichi Sankyo Healthcare, which is making regain, but the thing which was first “Can you fight 24 hours” got better as I followed the era In the copy of 2014, “Do you think you can fight for 3 or 4 hours?”

バブルの頃から現在までの過程を振り返ると、日本では人々が暗黙の慣習に従って、その場の状況に対して無意識的に、あまり考えずに対応していたときのほうが、実はうまくいっていた。「アメリカ的な、自律的個人からなる社会をつくろう」と意識的に変えていったら、かえって悪くなって、みんな疲れてしまったという面があると思います。
Looking back on the process from the time of the bubble to the present, in fact, it was better when people responded unconsciously to the situation on the spot without thinking too much, in accordance with an implicit custom. If you change consciously “making a society consisting of American, autonomous individuals”, it is rather worse, I think that there is the aspect that everyone got tired.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ