自家撞着の改革をやめて「土着の知」に戻れ ②

たとえば、個人競技のマラソンよりも仲間と一緒に競技する駅伝のほうが力が出るということです。卑近な例として私がよく使うのが、以前人気番組として有名だったNHKの「プロジェクトX」という番組です。
For example, it means that the race games that compete with fellows are more powerful than marathons of individual competitions. As a familiar example, I frequently use NHK’s “Project X” program that was famous as a popular program in the past.

後番組の「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、感心はするけれども、泣けない。それはおそらく「プロジェクトX」では組織に焦点が当たっていたのに対し、「プロフェッショナル」では優れた個人に焦点を当てているからでしょう。半ば無意識のレベルでは日本人はそういう、「おまえが組織の大黒だ」とか「意気に感じて頑張ろう」みたいな関係性が相変わらず大好きなんです。
I am impressed with the “program of professional work” of the later program, but I can not cry. It is probably because the project focused on “project X”, whereas “professional” focused on excellent individuals. At the mid-level level of unconsciousness Japanese people love such relationships like “You are the main pillar of the organization” or “I feel motivated and will work hard” as usual.

一方、明示的な意識のレベルでは近年、そういう関係に対して、「昭和の遺物だ。集団主義だ。遅れていて、捨て去るべきものである」という考えが強い。
結果として、日本人が頭で考えて改革すればするほど、つまり個人主義的な改革を意識的にやればやるほど、動機づけや感情をかき立てる基盤を壊してしまい、多くの人にとって元気が出なくなってしまうという現象が起きているのではないか。
On the other hand, at the explicit level of consciousness in recent years, the idea that such relationship is “a relic of the Showa, groupism, it is late and should be thrown away” is strong.
As a result, the more the Japanese think and reform, that is, the more consciously the individualistic reforms are carried out, the more it breaks down the foundation that stirs motivation and emotions, which is energetic for many people There is a phenomenon that it disappears is occurring.

社会心理調査の事例にしても、「個人主義的な回答をするのが〈正解〉だ」という意識があるのかもしれません。人間はしばしば、社会的なタテマエ、ないし自分がそうだと思っているものに合わせて振る舞いますから。本当は「プロジェクトX」のほうが感動できるのに、人前ではつい「あれは昭和っぽくてベタだよ、『プロフェッショナル』のほうがいいよ」と言ってしまうようなものです。
Even in the case of the social psychology survey, there may be consciousness that “it is correct to do individualistic answers”. Humans often act according to social tatemaie, or what they think are. Actually, “Project X” can be touched, but in public it is just like saying, “That is sticky in Showa, it’s solid,” Professional “is better”.

「コーラスライン」という傑作ミュージカルをご存じでしょうか。この作品が日本で最初に上演された際、稽古にかかわったオリジナルのスタッフが驚倒したという逸話が残っています。主題歌「ワン」を、4列になって踊る見せ場があるんですが、列そのものが重なってくるように振り付けられているので、全員が身体の角度をすみずみまでピッタリそろえないと、ぶつかりあってケガをしてしまう。ブロードウェイでは演出家が天井に陣取り、ああだこうだと指示を出して、1週間かけてようやく仕上げました。
Do you know the masterpiece musical “Chorus Line”? When this work was first performed in Japan, there are anecdotes that the original staff involved in training has become amazed. There is a viewing place where you can dance the theme song ‘One’ in 4 rows, but since the columns themselves are choreographed so that they overlap, if everyone can not fit perfectly the angle of the body until every corner, there is a collision I will get injured. In Broadway, the director came over the ceiling, instructed that it was okay, finally finished over a week.

ところが日本版のキャストは、問題の振付を1日でマスターしたのです。で、「信じられない、どうして君たちはすぐにできたんだ?!」。
集団主義が好きで、居心地のよさを覚え、ちゃんと結果も出せる。にもかかわらず、その状態を否定しようとする。ここまで来ると自虐です。
However, casting of the Japanese version mastered the choreography of the problem in one day. “I can not believe it, why were you guys soon?”
I like collectivism, I feel comfortable and I can get results properly. Nevertheless, I try to deny that condition. You will be self – confident if you come here.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ