ヨーロッパの移住問題を解決する、ドイツのメルケル (完)

Merkel: A new way
Speaking earlier in Berlin, Merkel advised against states acting unilaterally on migration, insisting that Europe needs to remain true to its multilateral values. It’s an approach that can be seen as the polar opposite of US President Donald Trump’s “America First” message.
“My maxim is: Not unilateral, not without consent, but with the consent of partner states,” said Merkel. “Which is precisely what we have been discussing in the last few weeks. And what I will be talking about when I return. It will not be perfect. But it is the beginning of a new way.”
メルケル:新しい方法
メルケル首相は、ベルリンで開かれ、メルケル首相は、欧州が多角的価値観に真実を維持する必要があると主張し、移行一方的に行動する諸国に対し、これは、ドナルド・トランプ大統領の「アメリカファースト」メッセージの正反対と見ることができるアプローチです。
「私の格言は、一方的ではなく、同意なしではなく、パートナー国の同意を得て」とメルケル氏は語った。 「これは、ここ数週間で我々が話し合ってきたものであり、私が戻ったときに何を話しているのかは完全ではないが、新しい方法の始まりだ」

She argued that Germany’s so-called open door migration policy in 2015 — when more than 1 million migrants entered Germany — was an exceptional event and a decision that Germany did not make on its own.
“Our decision to open doors to refugees in 2015 was not unilateral. We acted to help Austria and Hungary,” she said.
Merkel also pointed out that the number of asylum seekers coming to Europe had fallen dramatically and that it was now time for Europe to return to the migration policy it had before 2015.
Germany would push to strengthen Europe’s external borders as well as seek agreements with African nations “similar to the agreement made with Turkey” on the return of rejected asylum seekers, she said.
彼女は、2015年のいわゆるオープンドア移住政策(100万人以上の移住者がドイツに入国した)は例外的な出来事であり、ドイツが独自に作ったものではないという決定であったと主張した。
「2015年に難民への扉を開くという我々の決断は、一方的なものではなく、オーストリアとハンガリーを支援するよう行動した」と彼女は語った。
メルケルはまた、ヨーロッパに来る亡命希望者の数が劇的に減少したことを指摘し、今やヨーロッパは2015年以前に移行政策に復帰する必要があると指摘した。
ドイツは、拒否された亡命希望者の帰還に関して、トルコとの合意と同様に、アフリカ諸国との合意を求めるとともに、欧州の外国境を強化することを強く求めている、と彼女は述べた。

Merkel conceded that her Interior Minister Horst Seehofer was right to push for a plan that reduces irregular migration and that high-profile criminal cases involving asylum seekers showed the need for tougher deportations.
“We are not yet where we want to be,” she said.
Seehofer — whose disagreements with Merkel over migration briefly threatened to bring down her government earlier this month — was not present for the speech. A German Interior Ministry spokeswoman told CNN he had “other appointments to take care of.”
By making this speech before, rather than after, the summit Merkel may hope to have taken the wind from the sails of her hardline critics such as Seehofer.
メルケル首相は、ホルト・シホーファー内相が、不規則な移住を減らす計画を推進する権利があると認め、亡命希望者を巻き込む大型刑事事件では厳しい追放の必要性が示されたと認めた。
「私たちはまだ私たちが居たいとは思っていません」と彼女は言いました。
メルケル首相との見解の相違が、今月初めに政府を崩壊させよう脅していたシホーファー氏は、演説には出席しなかった。ドイツ内務省の広報担当者は、CNNに「他の任命をしている」と語った。
この演説を前回よりもむしろ前に行うことで、メルケル首相はシホーファーのような強硬批評家の帆から風を吹き飛ばすことを望むかもしれない。

Tusk: ‘Time is short’
In an invitation letter sent to EU leaders ahead of the summit, Tusk said a failure to ensure full control of Europe’s external borders risked strengthening the hand of newly emerging populist political movements.
“More and more people are starting to believe that only strong-handed authority, anti-European and anti-liberal in spirit, with a tendency towards overt authoritarianism, is capable of stopping the wave of illegal migration,” he said.
“If people believe them, that only they can offer an effective solution to the migration crisis, they will also believe anything else they say. The stakes are very high. And time is short.”
Tusk:「時間は短い」
首脳会談に先立ちEU首脳宛てに送られた招待状で、欧州の外国境を完全に支配できないことが、新興民主化政治運動の手を強化する危険があると述べた。
明白な権威主義に向かう強硬な権力、精神の反欧州、反自由主義者だけが違法移民の波を止めることができると信じ始めている。
「移民の危機に効果的な解決策を提供できるのは人だけだと信じていれば、他の人たちも信じるだろう。

Tusk also sounded a warning over Trump in the wake of the G7 summit in Canada, where deep divisions between the United States and its allies in Europe were laid bare, and ahead of a key NATO summit next month.
“Despite our tireless efforts to keep the unity of the West, transatlantic relations are under immense pressure due to the policies of President Trump,” said Tusk.
“Unfortunately, the divisions go beyond trade. I will share with you my political assessment of where things stand. It is my belief that, while hoping for the best, we must be ready to prepare our Union for worst-case scenarios.”
トスク氏はまた、来月の主要NATO首脳会談に先立って、欧州の米国と同盟国間の深い分裂が裸であったカナダでのG7首脳会議の結果、トランプについて警告を発した。
「西側の統一を維持しようと努力しているにもかかわらず、大西洋横断の関係は、トランプ大統領の政策のために大きな圧力を受けている。
「残念ながら、部門は貿易を越えています。物事がどこにあるのか、私は政治的評価をしていきます。最善を尽くすことを望んでいる最中に、最悪のシナリオで連合を準備する準備ができているはずです。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ