ノーベル平和賞受賞者・ムハマド・ユヌス氏ー2030年までに「貧困ゼロ」を ! (完)

■「無私」の自分に気付く
■ I realize myself “not selfless”

「『無私』の部分はだれにでもある」と話すユヌス氏
――社会的インパクトを高めるために、どのように人を巻き込んでいけば良いでしょうか。
人には「セルフィッシュネス(私)」の部分と「セルフレスネス(無私)」の部分があります。
椅子でたとえてみましょう。会社の椅子に座っていると、自動的に会社の利益を考えてしまいます。利益を上げることばかりを考えるのに良い環境なのです。それ以外に意識がいきません。
“Everyone has a part of” selfless “Mr. Yunusu
– How can we involve people to increase the social impact?
People have parts of “cell fish ness (me)” and “self refreshes (selfless)”.
Let’s try it with a chair. When you are sitting in the chair of a company, we will automatically consider the company’s interests. It is a good environment to think about just making profits. Other than that, I do not have consciousness.

家に帰り、家族と話をするとどうでしょう。そこでは会社の利益ではなく、貧困問題、戦争、誰もが考える社会問題について考えられるようになります。
では、ソーシャル・ビジネスの椅子はどうでしょう。会社の椅子では生かせなかった「無私」の部分を生かせます。
人を巻き込むとは、そういう椅子に座らせること。リラックスしてもらい、「無私」の自分に気付いてもらうのです。
Why do not you go home and talk to your family. There, it will be possible to think about the poverty problem, the war, social problems that everyone thinks, not the company’s interests.
So, what about social business chairs? I can make use of the “selfless” part that I could not make use of in the company’s chair.
To involve people is to let them sit on such a chair. Have them relax and let them realize themselves “selfless“.

誰しも、一人の自分のなかに、良い部分と悪い部分があります。そのどちらを生かすかは自分次第なのです。
良い部分を使えば、人を助けたり、社会をより良く変えたりすることもできる。悪い部分を使うと軍隊に入って戦争をして人を殺してしまったりする。どちらを使うか。責任をどこに置くかによって、その人がどうあるかが変わってくるのです。
ソーシャル・ビジネスは自己の良い部分を生かすよう力付けるものなのです。
Everyone, there is a good part and a bad part in one person. Whichever you choose to take advantage of depends on yourself.
If you use good parts, you can help people and change society better. If you use bad parts you go into the army and wage war and kill people. Which one to use. Depending on where you put responsibility, how that person changes depends.
Social business is to force the use of the good part of self.

――一般的にいわれるソーシャル・ビジネスとユヌス・ソーシャル・ビジネスの違いは何でしょうか
– What is the difference between commonly-called social business and Yunus social business?

私たちは「ソーシャル」という言葉をあらゆる意味合いで使っています。
世の中には社会的企業、社会的起業家などがあり、ソーシャル・ビジネスもそれらの一部だと混同しがちです。
そこで、明確にするために「ユヌス・ソーシャル・ビジネス」という言葉を使っています。「ソーシャル」の概念がはっきりしていれば「ユヌス」の部分を省いてもいいのです。
We use the word “social” in every way.
There are social enterprises, social entrepreneurs in the world, and social business tends to be confused as being part of them.
Therefore, I use the word “Yunus social business” for clarification. If the concept of “social” is clear, “Yunus” part can be omitted.

日本では「ソーシャル・ビジネス」というと、寄付やボランティアなど社会活動に関連する全てのことを意味します。しかし、私の意味するソーシャル・ビジネスではありません。
7原則に基づく「ビジネスの仕組み」で社会的課題を解決していくこと、そしてパートナーシップを組むことなのです。
In Japan, “social business” means everything related to social activities such as donation and volunteering. However, it is not a social business that I mean.
It is to solve social problems by “business mechanism” based on 7 principles, and to form a partnership.

<ソーシャル・ビジネスの7原則>
1.人々や社会を脅かす 貧困、教育、健康、技術、環境といった何らかの社会問題を解決する
2.財務的、経済的に自立し、持続する
3.投資家は、投資額以上の利益を得ることはできない
4.当該会社の利益は、グラミン・ソーシャル・ビジネスの普及とより良い実施のために使われる
5.環境に配慮する
6.社員に対し、良い労働条件ておよび給料を提供する
7.楽しみながら
<7 Principles of Social Business>
1. To solve some social problems such as poverty, education, health, technology, environment that threaten people and society
2. Financially and economically independent and sustainable
3. Investors can not earn profits above the investment amount
4. The interests of the company are used for spreading Grameen · social business and for better implementation
5. Take care of the environment
6. Provide employees good working conditions and salary
7. with pleasure

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ