ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ ①

世界でいちばんいじめられている人たちを助けたい──。その一心で大学時代にアフリカを訪ねた永井陽右は、ソマリアの現状を知り、この国のテロと紛争を解決することを決心する。世界の誰もが取り組めない問題に、彼はいかにして挑んだか? 知識も経験もない大学生がギャングたちとともに歩み始めるまでのストーリー、「アンチ共感」のビジョン、そして、紛争解決に必要なマインドセット。
I would like to help those who are the most bullied in the world. Yaku Nagai who visited Africa during his university period knew the current state of Somalia and decided to settle the terrorism and conflict in this country. How did he challenge the problem that nobody in the world can deal with? A story until university students with no knowledge or experience begin to walk with the gangs, a vision of “ant empathy“, and a mind set necessary for conflict resolution.

「それまでのぼくは『いじめる側の人間』だった」
“Until then I was a” human on the teasing side ”

──まずは、アクセプト・インターナショナルのミッションと活動内容について教えてください。
── First of all, please tell me about Accept International’s mission and activities.

アクセプト・インターナショナルは、「テロを止める、紛争を解決する」をミッションとするNGOです。そのアプローチとして根幹の事業にしているのが、ギャングやテロリストを対象とした脱過激化・積極的社会復帰支援。この人権的な方法によって、ソマリアを中心としたアフリカ諸国やインドネシアで、紛争当事者たちを争いから脱退させていくことを目指しています。
Accept International is an NGO with the mission of “Stopping terrorism and resolving conflicts”. As its approach, the fundamental business is to support de-radicalization and active social reintegration targeting gangs and terrorists. With this human rights method, we are aiming to withdraw the parties to the conflict from conflict in African countries, mainly Somalia and Indonesia.

フルタイム、パートタイム、学生や社会人のプロボノを含め、メンバーは現在51人。もともとは2011年に「日本ソマリア青年機構」という学生NGOから始まり、それが2017年4月に法人化して「アクセプト・インターナショナル」と名前を変えました。アクセプト──つまりギャングやテロリストといった紛争当事者を懲らしめるのではなく、彼らを受け入れるという姿勢でテロと紛争のない世界をつくってやろう、というのがぼくたちの考え方です。博愛主義というわけではなく、あくまでテロと紛争をなくすための政策的視点からこの考えに至りました。
Currently 51 members, including full-time, part-time, student and professional boss Probono. Originally started as a student NGO called “Japan Somalia Youth Organization” in 2011, it became a corporation in April 2017 and changed its name to “accepted international”. Accept – It is our idea to create a world without terrorism and conflict with the attitude of accepting them rather than disciplining conflicting parties such as gangs and terrorists. It was not philosophy, but it came to this idea from a policy point of view to eliminate terrorism and conflict to the last.

──すべては、「ツバル」から始まったんですよね。
── Everything began with “Tuvalu”, did not it?

高校2年生の夏に、「ツバルが沈む」というニュースをネットで読んだんですよね。国が沈むと聞いて、ぼくのなかでは漫画『日本沈没』のようなイメージが膨らみ、ものすごくショッキングだった。沈没をどうにか防がなきゃと思い、当時は高校生なりに調べたりもしたのですが、結局はツバルに行く時間もお金もないまま日常に戻ってしまいます。
In the summer of the second year high school students, I read the news “Tuvalu sinks” online. When I heard that the country would sink, the image like Manga “sinking in Japan” swelled in me, it was shocking tremendously. I thought that I had to prevent sinking somehow, I studied at a high school student at the time, but in the end I will return to daily life without time or money to go to Tuvalu.

でもその一件以来、自分以外の他者の存在を真剣に考え始めるようになったのだと、いま振り返ってみて思います。過去に自分が何をしてきたかを考え、これから自分がどう生きていくべきかを考えるきっかけになった──それがツバルだったんです。
But I have looked back on the fact that since that one thing, I began to think seriously about the existence of others other than myself. I thought about what I was doing in the past and I got a chance to think about how I should live in the future – that was Tuvalu.

──それまでは「いじめる側の人間」だった、と著書やインタビューで語られています。その体験も影響しているのでしょうか。
── Until then it was told in books and interviews that it was “a human on the teasing side”. Does that experience have an impact?

それは、いまでも大きな軸となっています。それまでのぼくは、学校ではいじめっ子、いじめる側だった。いわば自分がゲームの主人公で、周りの人たちは登場人物だと思って生きてきたわけです。
It is still a big axis now. Until then I was a bully-bullying person at school. That is why I was the main character of the game, and I thought that people around us were characters and they lived.

それがツバルをきっかけに他者の存在を意識するようになり、一人ひとりが全員主人公なのだとしたら、自分はとんでもないことをしてきてしまったのだと思い始めて。その後悔と反省から「自分はこれからどう生きるべきか」と真剣に考え始めました。
When it started with Tuvalu, I became conscious of the existence of others, and if every one of us was a hero, I began to think that I had done a terrible thing. I regrettably regretted and started thinking seriously, “How can I live from now on?”

FORBES JAPAN
アクセプト・インターナショナル代表理事 永井陽右

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ