ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ ④

──そこから幾度かの現地への視察を経て、2013年にギャングたちの脱過激化社会復帰支援を行うプログラム「Movement with Gangsters」をスタートされています。
── through the visits to several times of the local from there, has been start the program “Movement with Gangsters” to perform the de-radicalization and reintegration support of the gang in 2013.

あの当時ぼくらが考えていたのは、とにかく大人のマネごとをしたら、自分たちがやる意味がないということでした。たとえば緊急人道支援予算50万でやったところで、どれほどの価値があるんだろうと。それだったら大人を連れてきたほうがずっと早い。学生の自分たちだからできることってなんだろう、ということにすごくこだわっていました。
What we were thinking at that time was that if we were to administer adults anyway, it would be meaningless to do them. For example, how much is worth having emergency humanitarian assistance with a budget of 500,000? It would be much earlier if you were to bring an adult. It was very sticking to what I could do because I am a student’s own person.

そこでヒントになったのが、ソマリア人のギャングたちが自分たちと同年代であることです。現地の劣悪な治安の原因にギャングの存在があるのですが、実際にギャングたちと会うと、きちんと対話をすることができた。大人たちがアクセスすらできなかった彼らに、ぼくらは同年代という共通を活かし彼らの主張に寄り添い、すっと距離を縮めることができたのです。
The hint was there that the Somali gangs are the same age as themselves. There is a gang in the cause of poor local security in the field, but when I actually met the gangs, I was able to talk properly. To them that adults could not even access, we can snuggle in their claims taking advantage of the common denominator of the same age, we were able to shorten the straight distance.

大事なのは、相手を否定するのではなく、まずは受け入れる=アクセプトすること。彼らも社会からは迫害の対象と見られているので、他者から受け入れられるのは純粋にうれしいんですよね。
The important thing is not to deny the opponent, first accept = accept. Because they are seen as something of persecution from society, it is purely pleasing to accept from others.

ギャングたちを対象にしたプログラムのテーマは、「ユースリーダーとして一緒に生きていこう」ということ。彼らも、高い失業率や機能しない政府・国連に対して強烈な憤りをもっています。「待っていても政府や国連が解決してくれると思う? 俺たち若者がユースリーダーとして問題を解決していくしかないじゃん」と、ギャングたちのパワーを社会をよくするために使うよう鼓舞していきました。
The theme of the program for gangs is to “live together as a youth leader”. They also have intense resentment against the government and the United Nations with high unemployment rate and not functioning. “Do you think that the government and the United Nations will solve it even if you wait, do not you think we can only solve the problem as a youth leader?”, Inspiring to use the power of the gangs to improve society It went by.

プロジェクトの名前も「Movement with Gangsters」。ギャングを懲らしめるとか厚生させるのではなく、ギャングたちと一緒に社会を変えていく、というのがぼくたちの姿勢です。
The name of the project is also “Movement with Gangsters”. It is our attitude that we change the society together with the gangs rather than disciplining the gang or making it welfare.

2013年の夏から始め、これまでにプログラムに参加したギャングは120名以上。当たり前のことですが、あのときから5年が経って、5年前に会ったやつが5つ歳をとり、ぼくも5つ歳をとりました。ぼくが初めて出会ったギャングのひとりである「レッドアイ」という愛称のやつがいるのですが、今年の3月に行われたあるギャングの解散式のときに彼が素晴らしいスピーチをしてくれて。それを見て、ともにいい関係をつくれてこれた5年間だったなと感じましたね。
Beginning in the summer of 2013, more than 120 gangs have participated in the program so far. Naturally, five years have passed since that time, the guy I saw five years ago took 5 years old, I also took 5 years old. There is a nicknamed guy called “Red Eye”, one of the gangs I met for the first time, but he gave me a wonderful speech at the dissolution of a certain gang held in March of this year. When I saw it, I felt it was the same five years that I had a good relationship.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ