ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ ③

──ソマリアの問題を知るにつれて使命感が湧いてきたというのは、「怒り」の感情に近いのでしょうか。
─ ─ As we learned about Somalia’s problem, it seems that the sense of mission has come close to the emotions of “anger”.

そうですね、怒り、が強かったですね。「いじめられている人を救いたい」という気持ちから行動を始めたのですが、ソマリアの状況を知ったときはむしろ「いじめている側」に腹が立った。かつて自分がいじめている側だったからこそ、そういう気持ちになったのかもしれません。
Well, anger, was strong. I started acting from the feeling of “I want to save people who are being bullied”, but when I learned about the situation in Somalia I was more angry with the “bullying side.” Perhaps it is because she was the one who is bullying at the moment.

また「国際協力」を謳っている組織は多いにもかかわらず、ソマリアに対して活動をしているところが皆無に等しかったことにも納得がいきませんでした。当時、国際協力を行うNGOに電話をかけたり訪問したりしていたのですが、みんな「ソマリアは危険すぎて難しい」と言うのです。いちばんいじめられている人がいる、人が死ぬという現状がある、世界で最も支援のニーズがあるとわかっていながらも、世界一危険だからという理由で誰も取り組んでいない。誰もできないんだったら自分でやってやるしかない──そう強く思ったことを覚えています。
Moreover, despite the many organizations claiming “international cooperation”, I was not convinced that there was no place where I was working against Somalia. At that time, I was calling or visiting an NGO that is doing international cooperation, but everyone says “Somalia is too dangerous and difficult”. There is a person who is most bullied, there is the current situation that people die, although I know that there is the most support needs in the world, nobody is working because it is the most dangerous in the world. If no one can do it, I only have to do it myself ─ ─ I remember thinking so strongly.

当時は英語も一切しゃべれなかったし、知識も経験もゼロだった。でも、ぼくにとっては「何ができるか」はまったく重要じゃなかったんです。大事なのは「何をすべきか」。必要なことはそれからすべて最速で習得すればいい。人の命がかかっている問題を解決するうえで、すべきことをできるようになるまで、そのすべきことから目を背け続けるということはぼくには到底納得いきませんでした。「ソマリアを救う」というイシューを特定することから始まったのです。
At that time I could not speak English at all, knowledge and experience were zero. But for me, “what I can do” was not absolutely important. What matters is “what to do”. All you need to do is then fastest and fastest. To solve the problem that human beings are suffering from, I could not convince him that I will keep my eyes away from what I should do until I can do what I should do. It began with identifying the issue “Save Somalia.”

ちなみに、この行動原理はいまでも変わりません。ニーズが高くて、誰もやれないことをやる。もちろんニーズはどこにでもあります。東南アジアにもほかのアフリカ諸国にも、ここ日本にもあるでしょう。でも、たとえばフィリピンやバングラデシュを支援する団体、子どもや難民を助けるための団体は山ほどあるにもかかわらず、ソマリアの紛争解決に取り組むところが本当になかった。だったら自分がソマリアをやるしかない──そこに迷いはなかったですね。そしていまはソマリアだけでなく、世界のテロと紛争の解決をするために活動をしています。
By the way, this behavioral principle is still unchanged. Having a high need, doing things that nobody can do. Of course the needs are everywhere. It will be in Southeast Asia, other African countries, here in Japan. But there were not so many places to tackle Somalia ‘s conflict, despite the mountains, for example, organizations that support the Philippines and Bangladesh, and groups to help children and refugees. Then I had to do Somalia ─ ─ there was no hesitation. And now we are working not only for Somalia but also for resolving conflicts with terrorism in the world.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ