アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 ①

コフィ・アナン元国連事務総長が8月18日、死去した。80歳だった。1997~2006年まで国連事務総長を務め、2001年には国連とともにノーベル平和賞を受賞した。そのアナン氏が世界に遺した大きな贈りものが二つある。(オルタナ編集長・森 摂)
Former UN Secretary-General Kofi Annan died on 18 August. He was 80 years old. He served as secretary general of the United Nations from 1997 to 2006 and in November 2001 was awarded the Nobel Peace Prize with the United Nations. There are two great gifts that Mr. Ann left to the world. (Altana editor-in-chief)

一つ目は「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」で、もう一つはMDGs(ミレニアル開発目標)。いま話題のSDGs(持続可能な開発目標)の前身だ。
UNGCは、アナン氏が1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で提唱したイニシアティブ(発議)だ。コンパクトとはこの場合、「協定」「約束」という意味合いだ。
The first is “United Nations Global Compact (UNGC)” and the other is MDGs (Millennial Development Goal). It is the predecessor of the topic of SDGs (Sustainable Development Goals).
UNGC is an initiative (initiative) that Mr. Annan proposed at the 1999 World Economic Forum (Davos Conference). Compact is the meaning of “agreement” and “promise” in this case.

アナン氏は、ダボス会議で世界の経営者たちにこう呼びかけた。
「今年、私は皆さんとの協力関係をさらに高いレベルに持って行くことを提案したい。ここダボスにお集まりのビジネスリーダーの皆さんと私たち国連で、共通の価値観と原則を持って、グローバル・マーケットを『人の顔が見える』ものにしていこうではありませんか」
Mr. Annan called on global executives at the Davos meeting.
“I would like to propose that this year we will bring cooperation with you to a higher level.With business leaders gathering here in Davos and having a common values ​​and principles in the United Nations, · Do not let the market “make people’s face visible”? ”

「平和の維持や発展途上国への援助など、国連の日々の活動は、世界中でビジネスの機会を広げるのに役立っています。そして極めて率直に言うと、皆さん(世界の経営者)が持つノウハウや資源なしでは国連の行動目標の多くは実現が困難なのです」(一部筆者意訳)
“The day-to-day activities of the United Nations, such as maintaining peace and helping developing countries, are helping to broaden our business opportunities around the world, and quite frankly, everyone (the man of the world) Without know-how and resources, it is difficult for many of the United Nations action targets to realize “(partial translation by the author)

90年代後半当時、世界ではグローバル経済が加速するとともに、途上国での貧困や貧富格差の拡大、児童労働などの社会的課題が顕在化していた。アナン氏は、これを国連の力だけでは解決できないと考え、世界からグローバル企業の経営者が集まるダボス会議に乗り込み、国連と企業の連携を呼び掛けたのだ。
At the time of the late 1990s, the global economy accelerated in the world, social issues such as poverty, widening gap between rich and poor, and child labor in developing countries became obvious. Mr. Annan thought that this could not be solved by just the power of the United Nations, and got into the Davos conference where managers of global companies gather from the world, calling for cooperation between the United Nations and companies.

ソーシャル・イノベーション・マガジン!「オルタナ」

 

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ