アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 (完)

MDGsには「道半ば」という評価もあったが、その目標年だった「2015年」にこれだけ大きな潮流が訪れたのは、やはりMDGsという伏線が大きい。アナン氏は私たちにバトンを託したのである。
MDGs also had an evaluation of “mid-way”, but the fact that this large trend went to “2015” that was the target year is that the hint of MDGs is still big. Mr. Annan entrusted us to the baton.

私たちはこのバトンを次の世代に渡していけるのだろうか。そう考えると、SDGs の取り組みは決して一時的なものであってはならないことを改めて強調しておきたい。
I wonder if we can hand this baton to the next generation. If so, I would like to emphasize once again that the efforts of SDGs should never be temporary.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ