アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 ②

その結果、UNGCは2000年7月に正式発足した。「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関わる10の原則について、企業や団体がその順守を「約束」し、国連に報告する。世界での署名団体は12000以上に達し、日本ではキッコーマン、リコー、三井物産、伊藤忠商事など287の企業・団体が署名した(2018年8月20日現在。詳細はグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのサイト参照)。
As a result, UNGC was officially launched in July 2000. Companies and organizations “promise” compliance with 10 principles related to “human rights” “labor,” “environment” and “anti-corruption” and report to the United Nations. The signing group in the world reached over 12000, and in Japan it was signed by 287 companies / organizations such as Kikkoman, Ricoh, Mitsui and ITOCHU Corporation (as of August 20, 2018. For details, see the Global Compact Network Japan See the site).

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの有馬利男代表理事(元富士ゼロックス社長)は、アナン氏が二度来日した時に直接、言葉を交わした。「グローバリゼーションには光と影があることを強調していた。企業にはしっかり取り組んでほしい、力を貸して欲しいと言っていた。そして世界中のビジネスパーソンや経営者に将来に向けての生き方を教えてくれた」と懐かしむ。
Director Toshio Arima, President of Global Compact Network Japan (President Fuji Xerox), exchanged words directly when Mr. Annan came to Japan twice. “I was emphasizing that there is light and shadow in globalization.I wanted companies to work firmly, they said they want me to lend power, and I want business people and managers around the world to live their way toward the future He taught me “.

そのグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンは今や、日本でSDGsの最大の推進役の一つである。この3年、日本企業やメディアに呼び掛け続け、その重要性を説き、SDGsの認知度を高めてきた。
SDGsは2015年を起点に、2030年を目標年とした国際目標だ。その前身であるMDGsは2000年を起点に、2015年をゴールにした目標だった。いわば、アナン氏が遺した贈り物が今、サステナビリティ(持続可能性)という大きなうねりになって、企業や政府・自治体に大きな影響を与えているのだ。
The Global Compact Network Japan is now one of the biggest promoters of SDGs in Japan. In the past three years I have been calling on Japanese companies and the media, preaching the importance of it and increasing the awareness of SDGs.
SDGs are international targets with 2015 as the starting point and 2030 as the target year. Its predecessor, the MDGs, was the goal with the year 2000 as the starting point and 2015 as the goal. In other words, the gift left by Mr. Annan has become a big swell of sustainability now, which has great influence on companies, governments and municipalities.

2015年は「サステナビリティ元年」と言うべき年だ。SDGsが国連で採択されたのは9月25日。その3日後の28日には、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が国連責任投資原則(PRI)に署名し、日本のESG投資の流れを決定づけた。
10月14日にはトヨタ自動車が意欲的な環境目標「環境チャレンジ2050」を発表。さらにその2か月後(12月12日)には、気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で「パリ協定」が採択された。
The year 2015 is the year that should be called the “first year of sustainability”. SDGs were adopted at the United Nations on September 25. Three days later, on 28th, GPIF (pension reserve fund operated independent administrative agency) signed the United Nations Responsibility Investment Principles (PRI) and decided the flow of ESG investment in Japan.
On October 14, Toyota announced an ambitious environmental target “Environmental Challenge 2050”. Two months later (December 12), the “Paris Agreement” was adopted at the Conference of Parties of the Parties to the Framework Convention on Climate Change (COP 21).

わずか3カ月の間に「サステナビリティ」という共通のゴールに向けて、大きなマイルストーンが次々と置かれたのだ。その道筋を付けたのが、ほかならぬアナン氏だったといっても過言ではない。
In just three months big milestones were placed one after the other towards a common goal of “sustainability.” It is not an exaggeration to say that it was Mr. Annan who did not have any other route.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ