P・シュレイダー「魂のゆくえ」(完)


–イーサン・ホークをキャスティングしたのはなぜですか? 彼は役者として彼が値するほどの評価を得られていないように思います。
-Why did you cast Ethan Hawke? He doesn’t seem to get the evaluation he deserves as an actor.

「彼自身もそう思っています! 自分で言っていました。彼はルネサンス的な男です。ミュージシャンであり劇作家で映画監督で小説家でもある。なんでもやるんです。私は彼の後退的なモードが好きなんです。そういう役者が好みなのです」
“He thinks himself! He was saying himself. He is a renaissance man. He is a musician, a filmmaker, a filmmaker, a novelist. I do everything. I am his regressive. I like the mode, I like that actor. ”

–イーサンがこの役を引き受けるまでは時間がかかりましたか?
-Did Esan take some time to assume this role?

「いいえ。脚本を書きながら彼を思い浮かべていて、彼に送った翌日に電話をくれ、『やりたい』と言いました。誰かが決定する前にね。私の頭の中には3人の役者が思い浮かんでいました。1人はジェイク・ギレンホール、もうひとりはオスカー・アイザックです。イーサンは彼らより10歳ほど年上で、その10年の差はとても重要でした。彼は46歳で、ちょうどよい年齢だったのです」
“No. I was thinking of him as I wrote a script, and I gave him a call the day after I sent him and said,” I want to do it “before somebody decides. Three actors in my head One was Jake Gyllenhalle and the other was Oscar Isaac, Ethan was about ten years older than them, and the ten-year gap was very important, he was 46. It was just the right age. ”

–イーサンが演じる牧師トラーについてどう思いますか?
What do you think about Ethan’s pastor Toller?

「彼は病気を抱えています。それはキルケゴールのいう『死に至る病』であり絶望です。ですから彼が若いメアリーの夫に出会った時、彼は『死に至る病』について話をし、『君はそれに苦しんでいる』というのです。それは彼自身の苦しみであり、たくさんの治療方法があります。日記を書くこと、祈り、礼拝、アルコール。それら全ての方法を試しています。そして若者からウイルスをもらいます。環境保護ミッションというウィルスです」
“He is ill. It’s Kirkegor’s” disease to death “and despair. So when he meets the young Mary’s husband, he talks about” death disease “and” you are It suffers from it, which is his own suffering, there are many ways to treat it, writing diaries, prayers, worship, alcohol, trying all these ways, and getting the virus from the young man. It’s a virus called an environmental protection mission. ”

–あなたも人間による地球の破壊を心配していますか?
-Are you also worried about the destruction of the earth by humans?

「種が決断を下したのだと思います。もうとっくに手遅れです。未来の生存よりも、現在の快適さを選択したのです。テクノロジーに思うままに翻弄されている。我々は進化の移り変わりの時期にいるのだとも思います」
“I think the seeds have made the decision. It’s already too late. We have chosen the comfort of the present over the survival of the future. We are being driven by technology as we think. We are the transition of evolution. I also think it’s in time. ”

–いま手がけている企画はありますか?
–Are there any plans you are working on now?

「ある作品に取り組んでいます。いくつかの企画です。でも急いではいません。何かを急いで作るよりも今を味わいたいのです。でも完成には近づきたいと思います。いくつかはお金のために書いていますが、個人的な作品を書くときも近づいていると考えています」
“I’m working on a piece. I’m working on a few projects, but I’m not in a hurry. I want to taste now rather than rushing to make things, but I’d like to get closer to completion. I am writing for the sake of writing, but I think it’s also approaching when writing personal works. “



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ