P・シュレイダー「魂のゆくえ」①


映画.com より

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」の脚本家として知られる、ポール・シュレイダーの監督作「魂のゆくえ」が公開された。イーサン・ホーク主演、信仰と資本主義社会の間で生きることに苦悩する牧師を描く人間ドラマだ。ベネチア国際映画祭でシュレイダーの最高傑作と評され、その後各国の映画祭で受賞、今年のアカデミー賞脚本賞にもノミネートされた話題作。
Paul Schrader’s director, “The Soul’s Future,” known as the script writer for “Taxi Driver” and “Raging Bull,” has been released. Starring Ethan Hawke, a human drama depicting a pastor who struggles to live between faith and capitalist society. It is described as the best masterpiece of Schreider at the Venice International Film Festival, and has since won awards at international film festivals, and a nominated work for this year’s Academy Award for Best Screenplay.

–今作は、あなたの過去の映画で探求してきたテーマの延長線上にあると思いますか?
-Do you think that this film is an extension of the theme you have explored in your past films?

「はい。それに他の芸術家や場所から盗んだものを再構築し、再び新鮮なものに作り変えようと努力しています。ロベール・ブレッソンの『田舎司祭の日記』のキャラクター、イングマール・ベルイマンの「冬の光」の設定、タルコフスキーの空中浮遊シーン、カール・ドライヤーの『奇跡(1955)』のエンディング。その全てを『タクシードライバー』のロジックできつく包みこんだのです(笑)」
“Yes, I’m also trying to rebuild what I stole from other artists and places, and try to make it fresh again. Ingmar Beluiman, the character of Robert Bresson’s” The Priestess’s Diary ” Setting of “Winter of Light”, Tarkovsky’s airborne floating scene, ending of “The Miracle (1955)” by Karl Dryer. The whole thing was wrapped up in the logic of “taxi driver” (laughs) ”

–「ポルノ、暴力的なテレビゲーム、地球温暖化。分かりますか? これが若い人たちが直面している問題なんです」というセリフがあります。
-There is a line: “pornography, violent video games, global warming. Do you understand? This is a problem that young people are facing.”

「我々は自分たち自身が生み出したテクノロジーによって配線を組み替えられてきました。あなたの父親がしていたのと同じやり方で映像の情報を理解してはいないでしょう。テクノロジーは我々を組み替えてしまうのです」
“We’ve been rewired by technology we created ourselves. We may not understand the information in the picture in the same way your father did. Technology will recombine us It’s

–次の世代が受け継ぐものについての映画でもありますよね?
-It’s also a movie about what the next generation will inherit, right?

「私は歴史のスイートスポットに生きています。戦後世代でベビーブーマー。貧困や飢餓が最も少なく、教育が最も盛んで、最も娯楽的な時間です。歴史上、最も楽観的な時代だといえるでしょう。そしてこの驚くべき環境で私たちは何をしているでしょうか? 子孫のために、それを台無しにしただけです。我々は最高の世代の産物であるがゆえ、最も欲深い世代でもあるのです」
“I live in a sweet spot in history. Baby boomers in the post-war generation. The least poverty, hunger, education, and entertainment time. It’s the most optimistic time in history. And what are we doing in this amazing environment? We just ruin it for our offspring, we are also the product of the highest generation, so it is also the greedy generation It’s

「60年代、私は自分たちが物事を進化させられると思っていました。明らかに、もうそう思ってはいません。私はずっと考え続け、両親の世代が死に絶えた時、我々は彼らの代わりになるのだと思っていましたが、実際にはそうではなく、ただ両親たちと同じ存在になってしまったのです!」
“In the 60’s I thought we could evolve things. Clearly I don’t think so anymore. I keep thinking and when my parents’ generation dies, we’re on their behalf I thought it would be, but in reality it wasn’t, it just became the same as my parents! “



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ