Next-generation smart lock “SESAME” opens a new door ②


ジャーミンはこの発想を現実化させるために次々と行動に打って出る
米クラウドファンディングでの大反響で確信、「SESAME」は必ず成功する
「当時、シリコンバレーで3Dプリンターが大ブームでした。私も2,000ドルで一台購入し、まず、大学の寮で、今の『SESAME』のプロトタイプをつくりました。これがなかなかの出来栄えだったのです。スタンフォード大学の周りにはベンチャーキャピタルがたくさんあり、手始めにこれをもってPRしに行きました」
Jarmin strikes actions one after another in order to make this idea a reality.
Convinced by big echoes in the US cloud funding, “SESAME” surely succeeds
“At that time, the 3D printer was a big boom in Silicon Valley, I bought one for $ 2,000, first I made a prototype of the current” SESAME “at the university dormitory which was quite good work. There are lots of venture capital around Stanford University, and I went to PR for this at the beginning. ”

AIやIoTなど最新のテクノロジーの有効活用をスタンフォード大学で学んだジャーミンのプレゼンテーションはよほど説得力があったのだろう。この若者は、早々と30万ドルを調達し、その資金で製品化にこぎつける。2014年、在学中に、CANDY HOUSEを立ち上げた。会社名にもジョブズへの尊敬の念が読み取れる。テクノロジーを扱うことを売りにする会社ではなく、ユーザーにとって親しみやすい企業でありたいという思いから、アップル同様に身近な食べ物から着想を得たのだ。
Jarmin’s presentation that I learned at Stanford University to make effective use of the latest technology such as AI and IoT seems to have been very convincing. This young man earns 300 thousand dollars as soon as possible and finances it as a product by using the fund. In 2014, while I was in college I started CANDY HOUSE. You can read the respect of Jobs in company name as well. It was not a company that sells technology to sell, but because of the desire to be a company friendly to the user, I got inspiration from familiar food as well as Apple.

「2015年、アメリカで有名なクラウドファンディングサイト、『Kickstarter』で、『SESAME』をはじめて発表しました。すると、当初の目標額をはるかに超える1億4千万円もの資金が集まったのです。この結果をベンチャーキャピタルに伝えると、さらに1億3千万円の融資が得られた。これで大量生産への道筋ができました。アメリカでは何かを始めるなら、クラウドファンディングを活用するというのは常套手段。お金だけでなく、自分の発想に共感が得られるかどうかがはっきりとわかるからです。結果的に、このサイトでの反響によって、自分の考えに間違いはないと確信できました」
“We announced” SESAME “for the first time in” Kickstarter “, a famous cloud funding site in the US in 2015. Then, we gathered funds of 140 million yen far beyond the initial target amount Taking this result to venture capital, we got another 130 million yen loan.This has made a way to mass production.In the United States, if you start something, use cloud funding Because it is a routine means because it clearly knows not only money but also empathy can be obtained in your idea.As a result, with the echo on this site, I was convinced that my mistake is no mistake ”

その後、ジャーミンは家族の反対を押し切り、スタンフォード大学を中退、事業に専念する道を選ぶ。アイデアが生まれてから、スタートアップ、資金調達、製品化までに要した時間は、わずか1年ほど。あらゆる最新テクノロジーを搭載した「SESAME」は、瞬く間に世界へと広がっていった。
After that, Jarmin pushed against the opposition of the family, dropped out of Stanford University, and chose a path devoted to the project. Since the idea was born, the time it took to start up, fund procurement, and commercialization was only about a year. “SESAME” with all the latest technologies spread to the world in a blink of an eye.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ