NASA「月の極付近に氷の存在を確認」と発表。


MSN ニュース

NASAが、月の極地域に水が氷の状態で存在することを確認したと発表しました。本当に氷が存在するなら、将来の月面基地における重要な資源となるかもしれません。月の極地域には以前より氷が存在すると目されていました。氷の存在を確認したのは、インド宇宙研究機関のチャンドラヤーン1号に搭載していたNASAの月面鉱物マッピングセンサー(M3)が取得したデータから。
NASA announced that it confirmed that water exists in the polar region of the Moon in the state of ice. If there really is ice, it may be an important resource in the future lunar base. I was told that ice exists in the polar region of the Moon than before. The presence of ice was confirmed from the data acquired by NASA’s lunar mineral mapping sensor (M3) which was installed in Chandra Yaan No. 1 of Indian Space Research Organization.

以前の観測からも、極地域にある地球からは見えないポケット状の場所に氷が存在する兆候は見つかっていました。しかし、NASAは今回の発表で「はじめてそこに決定的証拠を直接発見した」と表現しました。 米国科学アカデミーの機関紙 PNAS は、月の極地域におけるM3センサーによる観測で、氷によるものと考えられる反射があったと伝えました。
Earlier observations also showed signs that ice was present in pocket-like places not visible from the Earth in polar regions. However, in this announcement, NASA expressed “I first discovered the definitive evidence there for the first time.” According to the observation by the M3 sensor in the polar region of the Moon, the Agency newspaper PNAS of the American Academy of Sciences reported that there was a reflection that was thought to be due to ice.

さらにその赤外光の吸収率からそれが液体でなく氷の状態であることも確認しています。M3のデータによれば、こうした氷のスポットは南極地域に密集しており、北極地域にもまばらではあるものの存在しているとのこと。
It also confirms that it is not liquid but ice condition from its infrared light absorption rate. According to the data of M3, these ice spots are dense in the Antarctic region, and there are things that are sparse in the Arctic region as well.

極地域でくぼみの中であれば、まったく太陽光が挿し込まない場所になっている可能性が高く、月面のそのようば場所では温度がマイナス157度を超えることがほぼないため液体の水は間違いなく凍っているはずです。
It is highly likely that sunlight will not be inserted at all in the pole area in polar areas, and in such places on the moon it is almost unlikely that the temperature will exceed minus 157 degrees, so liquid water It should definitely be frozen.

ただし、将来月面に有人の基地を建設するに当たっては、その氷がどれぐらい大きくて深い”製氷皿”で出来ているかを確認する必要があります。天然資源を科学的に開発管理する研究を行う大学コロラド・スクール・オブ・マインズのAngel Abbud-Madrid氏は、詳細な調査のためにローバーを送り込む必要があると語ります
However, when constructing a manned base on the moon in the future, it is necessary to confirm how big and deep the ice is made of “ice making dish”. Angel Abbud-Madrid of the University of Colorado School of Mines, who conducts scientific development and management of natural resources, says he needs to send rovers for detailed investigation.

しかし残念なことにNASAはそのために10年ほどかけて開発していたResource Prospectorローバーの計画をこの春、キャンセルしてしまいました。そしてこの計画は、NASA唯一の月面の氷探索用ローバーの計画でした。
Unfortunately NASA has canceled the plan of Resource Prospector Rover that we had been developing for about ten years for this spring this spring. And this plan was NASA’s only rover plan for exploring ice on the moon.

NASAは引き続き月面探査機からの調査を継続する意向ですが、ローバーを現地に送り込み、じかに氷の存在を確認するとともにその量を測れていれば、月面基地計画は数年ほど早くするはずだったのかもしれません。
NASA intends to continue the investigation from the moon surface prospecting machine, but if it sent the rover to the site and confirmed the presence of ice directly and measured its amount, the moon base plan should be made as early as several years Maybe it was.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ