6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?(完)

②⇒

2. Jobs report: How much tighter can the US labor market get? We’ll find out Friday, when the Labor Department releases the June jobs report.
Unemployment is already 3.8%, the lowest since 2000. If it drops again, it will be the lowest in half a century. Analysts surveyed by Thomson Reuters are expecting a solid gain of 200,000 jobs.
2.雇用報告:米国の労働市場はどれくらい厳しくなるでしょうか?労働省が6月の雇用報告を発表した金曜日に出てくる。
失業率はすでに3.8%と2000年以来の最低水準である。再び下落すれば半世紀で最低になる。トムソン・ロイターが調査したアナリストは、20万人の雇用が堅調に伸びると予想している。

3. Trade showdown: This is the week when President Donald Trump’s trade fight with China gets real.
On Friday, US customs agents will begin collecting a 25% tariff on about 800 Chinese goods worth $34 billion, the first wave of a $50 billion round of trade penalties. Those goods include jet engines, batteries and industrial dryers. On the same day, China will impose a tariff on $34 billion of American exports, including cars and beef.
For investors, the big risk is escalation. Trump has threatened tariffs on hundreds of billions of dollars of additional goods. And China has vowed to fight a trade war “to the end.”
3.貿易の対決:ドナルド・トランプ大統領の中国との貿易闘争が現実になる週です。
金曜日、米国税関当局は、500億ドルの貿易罰金の第一波である約340億ドル相当の約800の中国製品について25%の関税を徴収する。これらの製品には、ジェットエンジン、バッテリー、工業用乾燥機が含まれます。同日、中国は自動車や牛肉を含む米国の輸出額340億ドルに関税を課すことになる。
投資家にとって大きなリスクはエスカレーションです。トランプは数千億ドルの追加財に対する関税を脅かしている。そして、中国は貿易戦争に「終わりまで」戦うと誓った。

4. Why the Fed is hiking rates: When the Fed reports its meeting minutes Thursday, we’ll get a closer look at why the central bank is more optimistic about the economy — and eager to raise rates faster than it initially planned.
Last month, the Federal Reserve lifted its benchmark rate by a quarter of a percentage point, the second hike this year.
A majority of the Fed’s Board of Governors said they now expect a total of four interest rate increases this year. Fed officials had been split about whether to raise rates three times this year or four.
4.連邦準備制度理事会(FRB)がハイキング率を上げている理由:連邦準備理事会(FRB)が木曜日に会議の議事録を発表したとき、中央銀行がなぜ景気について楽観的であるかを見直し、
先月、連邦準備理事会(FRB)は、今年の第2のハイキングであるベンチマーク・レートを4分の1ポイント引き上げた。
連邦準備制度理事会の過半数は今年、今年4回の利上げが予想されると述べた。連邦公開市場委員会(FRB)は、今年または3回、金利を引き上げるかどうかについて、分裂していた

5. Xiaomi prices its IPO: Once the most valuable startup on the planet, Chinese smartphone maker Xiaomi is about to go public.
The company plans to raise $4.7 billion in its IPO, a person familiar with the IPO told CNNMoney. That’s at the bottom of its planned range. Earlier this year, Xiaomi was reported to seek as much as $10 billion from the listing.
5. XiaomiのIPO価格:中国のスマートフォンメーカーであるXiaomiが一番価値の高いスタートアップになったら、公開しようとしている。
同社はIPOに47億ドルを調達する予定で、IPOに精通している人はCNNMoneyに語った。それは計画されている範囲の底にあります。今年の初め、Xiaomiは上場から100億ドルを追求すると報告された。

The IPO, which is scheduled to price on Friday, would values Xiaomi at about $54 billion — not a huge leap from the $45 billion at which Xiaomi was valued in a private funding round in late 2014. Xiaomi’s shine dimmed because investors worry about its potential to grow its profit, because it caters the lower end of the increasingly saturated smartphone market.
金曜日に価格設定される予定のIPOは、Xiaomiが約540億ドルの価値を持つことになるだろう – Xiaomiが2014年後半の私的資金調達ラウンドで評価された450億ドルからの大きな飛躍ではない。Xiaomiの輝きは、投資家がますます飽和しているスマートフォン市場の下限を満たすため、利益を増やす可能性があります。

6. Coming this week:
Monday — Facebook (FB) COO Sheryl Sandberg scheduled to testify before European Parliament
Tuesday — American automakers report June sales; US markets close early
Wednesday — US markets are closed for Independence Day
Thursday — US Federal Reserve reports its Board of Governors meeting minutes
Friday — US jobs report; tariffs on the first $34 billion of Chinese goods go into effect
6.今週来る:
月曜日 – Facebook(FB)COO Sheryl Sandberg、欧州議会の前に証言する予定
火曜日 – アメリカの自動車メーカーは6月の販売を報告する。米国市場は早く終わります
水曜日 – 米国市場は独立記念日のために閉鎖されています
木曜日 – 米連邦準備理事会が理事会の議事録を発表
金曜日 – 米国の雇用報告。最初の340億ドルの中国製品に対する関税が発効する

CNNMoney (New York)
First published July 1, 2018: 7:13 AM ET

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ