6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?②

①⇒

However, that pile of money is not evenly divided. In fact, the richest 1% of US companies control more than half of the cash, S&P said.
As of the end of 2017, just seven companies claimed $800 billion of cash: Apple (AAPL), Microsoft (MSFT), Alphabet (GOOGL), Cisco (CSCO), Oracle (ORCL), AT&T (T) and Amgen (AMGN).
しかし、その金額は均等に分かれていません。実際、米国企業のうち最も豊かな1%が現金の半分以上を支配している、とS&Pは述べた。
Apple(AAPL)、Microsoft(MSFT)、Alphabet(GOOGL)、Cisco(CSCO)、Oracle(ORCL)、AT&T(T)、Amgen(AMGN) 。

Although the tax law has improved corporate balance sheets, it’s also sparked a record-setting wave of share buybacks and debt-fueled acquisitions.
S&P said it believes Corporate America has reached its peak for cash hoarding. That’s because companies are rewarding shareholders while adding debt because of the “lure of cheap money.”
税法では企業のバランスシートが改善されていますが、株式買戻し債務調達による買収の記録的な波が浮かび上がっています
S&Pは、コーポレート・アメリカがキャッシュ・ボーディングのピークに達したと信じている。これは、企業が「安いお金の誘惑」のために借金を追加しながら株主に報いているからです。

“We believe we are now entering the era of the Great Unwinding,” Chang wrote.
Companies that have strong balance sheets can afford to return a bunch of cash to shareholders. The rest? Not so much.
S&P found that the riskiest category of borrowers — with a rating known as junk — have never been more leveraged than they are right now. They’re holding $8 of debt for every $1 of cash.
What could possibly go wrong?
Changは次のように述べています。「我々は今、大きな巻き戻しの時代に入っていると信じています。
バランスシートが強い企業は、株主に多額の現金を返すことができます。残り?そうではありません。
S&Pは、借り手の最もリスクの高いカテゴリー(迷惑メールと呼ばれる評価)は、今のところよりも活用されたことがないことを発見しました。彼らは現金1ドルごとに8ドルの負債を保有しています。
おそらく何がうまくいかないでしょうか?

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ