6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?①

1. Tower of debt: Corporate America is drunk on easy money.
US companies, encouraged by a decade of unbelievably low borrowing costs, are sitting on $6.3 trillion of debt, according to S&P Global Ratings. That sum, which excludes banks, is more than before the Great Recession — or any other time in history.
1.借金のタワー:企業のアメリカは簡単なお金で酔っ払っています。
S&P Global Ratingsによれば、信用できないほど低い借り入れコストの10年を奨励している米国企業は、6.3兆ドルの債務を抱えているという。その総額は、銀行を除いて、大後退前よりも – または歴史の他の時間です。

Companies have used that debt to invest in the future, make splashy acquisitions and reward shareholders with a bonanza of stock buybacks.
But this is a dicey time to owe a bunch of money.
After years of extraordinarily low interest rates, borrowing costs are finally on the rise. That makes it more expensive for companies to refinance their debt when it comes due. Those costs will only rise further if inflation heats up, forcing the Federal Reserve to raise rates more rapidly.
企業はその借金を使って将来の投資を行い、激しい買収を行い、株主に株式買戻しの恩恵を受ける。
しかし、これはたくさんのお金を借りなければならない時代遅れの時間です。
何年もの極端に低い金利の後、借入費用は最終的に上昇しています。それは、企業が負債を借り換えするために、それが期限になると、より高価になります。インフレが上昇すれば、これらのコストはさらに上昇し、連邦準備理事会は金利をより急速に引き上げる必要があります。

The US economy is cruising. The economic expansion is already the second-longest in history. But another recession will come eventually. In previous downturns, companies with too much debt have found it difficult to repay their loans, forcing some into bankruptcy.
The “massive amount of debt” that American companies have piled on “should concern investors as we enter the late innings of a credit cycle in a rising rate environment,” S&P analyst Andrew Chang wrote in a report last week.
米国経済は巡航中です。経済成長はすでに歴史上2番目に長い。しかし、もう一つの景気後退が最終的に起こります。以前の景気後退の中で、債務が多すぎる企業は、貸出金を返済することが困難であり、一部を破産させた
S&Pアナリスト、アンドリュー・チャン氏は、先週の報告書に、米国企業が積み上げてきた「巨額の借金」は、「上昇ペースで、信用サイクルの後半に入ると投資家を懸念させる」と述べた。

Of course, Corporate America has more firepower than ever to pay down debt. The strengthening economy and the Republican corporate tax cut have combined to unlock vast amounts of money for companies.
Indeed, S&P found that by the end of 2017, the 1,900 US companies that it rates, excluding banks, had accumulated a whopping $2.1 trillion in cash. That’s up 9% from the year before — and more than double what they were sitting on in 2009.
もちろん、コーポレート・アメリカはこれまで以上に借金を払う火力を持っています。経済の強化と共和党の法人税減税は、企業にとって膨大な資金を獲得するために組み合わされている。
実際、S&Pは、2017年末までに、銀行を除いた1,900の米国企業が現金で2.1兆ドルを積み立てていたことを発見しました。これは前年より9%増加し、2009年には2倍以上になりました。

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ