米中貿易戦は他のアジア諸国に深刻な影響(完)

Foxconn, which has major operations in mainland China, is unlikely to be the only company that’s concerned. Analysts at investment bank ANZ expect Taiwan’s exports of semiconductors and other tech goods to fall in the coming months as trade tensions deepen.
South Korea, whose top two export markets are China and the United States, could be another big victim. Like Taiwan, it sells technology components to China that end up in products made for export to the United States.
フォックスコンは、中国本土で大手事業を展開しているが、懸念している唯一の会社であるとは考えにくい。投資銀行ANZのアナリストは、貿易緊張が深まるにつれて、台湾の半導体やその他のハイテク製品の輸出が今後数ヶ月で減少すると予想している。
中国と米国の上位2つの輸出市場を持つ韓国はもう一つの大きな犠牲者になる可能性がある。台湾と同様に、中国に技術部品を販売し、米国へ輸出する製品に仕上げる。

Shares in two South Korean chipmakers — Samsung Electronics (SSNLF) and SK Hynix — have slumped in recent weeks.
Companies in Malaysia and Singapore could also suffer, according to analysts. Both countries are large exporters to China of electronic components and other goods that go into products destined for the United States.
サムスン電子(SSNLF)とSKハイニックスの2社の株価はここ数週間低下している。
アナリストによると、マレーシアとシンガポールの企業も苦しむ可能性があるという。両国とも、米国向けの製品に入る電子部品やその他の製品を中国に輸出している。

How bad could it get?
The scale of the damage to Asian economies depends on how bad the trade war gets.
The United States has so far announced 25% tariffs on $50 billion worth of Chinese exports, the first wave of which will take effect on July 6. The impact of those measures will “be limited in the near term,” said Christopher Rogers, an analyst at global trade research firm Panjiva.
どのように悪いことができますか?
アジア経済への被害の大きさは、貿易戦争がどれほど悪いかにかかっている。
米国はこれまで、500億ドルの中国輸出額に対して25%の関税を発表しており、そのうちの第一波は7月6日に発効する。これらの影響の影響は、短期間では限定されるだろうとクリストファー・ロジャーズ世界貿易調査会社Panjivaのアナリスト。

But if Trump goes through with his threat to respond to China’s promised retaliation by hitting a further $200 billion of Chinese exports with 10% tariffs, that could send shock waves through Asian economies. In that scenario, “it is inevitable that manufactured goods will be hit,” Rogers said.
しかし、トランプが10%の関税で中国の輸出額をさらに200億ドル突破し、中国の約束による報復に対応するという脅威を乗り越えれば、それはアジア諸国に衝撃波をもたらす可能性がある。このシナリオでは、「製造された製品が襲われることは避けられない」とロジャーズ氏は語る。

Businesses around the region would feel the effects.
“There’s clearly a downside if everyone needs to rethink their manufacturing locations and sourcing strategies,” Bain’s Tsang said. Companies in the automobile manufacturing and personal electronics supply chains could see their profits hit, he added.
地域の企業はその影響を感じるだろう。
「誰もが製造現場とソーシング戦略を再考する必要がある場合、明らかに欠点がある」とベインズ・ツァン氏は語った。自動車製造業やパーソナル・エレクトロニクスのサプライチェーンの企業は利益を上げることができると同氏は付け加えた。

In the meantime, analysts say some companies in Asia are looking to shift more manufacturing to other parts of the region, such as Thailand and Vietnam, to try to reduce their exposure to tariffs on China.
一方で、アジアの一部の企業は、タイやベトナムなどの地域の他の地域への製造業を中国への関税引き下げにシフトしようとしている企業もあるとアナリストらは指摘する。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ