中国株、対米貿易摩擦による下落局面に終息の兆し見えず!①

[上海/シンガポール 6日 ロイター] – 米中両国の過去半年にわたる貿易摩擦によって、中国株は時価総額の約2割を消失し、人民元は急落してしまった。だがこれらの動きは、もっと大きな値下がり局面に至る「序章」にすぎないかもしれない。
SHANGHAI / SINGAPORE (Reuters) – Trade friction over the past half-year between the United States and China has led China stocks to disappear about 20% of the market capitalization and the RMB plummeted. But these movements may be just “prologue” leading to a bigger price downturn.

上海総合指数は、トランプ米大統領が太陽光パネルに初の輸入関税を導入すると発表した1月以降でおよそ22%下落した。トランプ氏が、制裁関税を適用する中国製品の範囲を当初案より大幅に拡大すると表明した6月19日からの下落率は9%に達する。
米中両国が相互に340億ドル相当の輸入関税を課す措置が発動したのは6日。その前日にトランプ氏は、米国側が関税適用対象を2週間以内に500億ドルに広げる予定だと発言していた。
The Shanghai Composite Index fell by approximately 22% since January when President Cardinal United announced to introduce the first import duty on solar panels. Mr. Trump has declared that the range of Chinese products to which sanction tariffs apply will be greatly expanded over the original plan, and the declining rate from June 19th will reach 9%.
It is the sixth day that the US and China have invoked measures to impose an import duty of 34 billion dollars each other. The day before that, Mr. Trump said that the US side is planning to extend the tariff application target to 50 billion dollars within two weeks.

ところがトランプ氏は、関税対象を最終的に5000億ドルまで増やす可能性があるとも述べ、事態を一層紛糾させた
中国政府も報復関税をかける米国製品を増やし、その他独自の対抗手段も講じるとしており、全面的な「貿易戦争」が勃発して、中国株が弱気相場に陥るリスクが出てきている。
However, Mr. Trump also said that there was the possibility of increasing the tariff object to 500 billion dollars in the end, making the situation even more confusing.
The Chinese government is also planning to increase the number of US products that will retaliate tariffs and to adopt other unique countermeasures and there is a risk that the Chinese stock will fall into a bearish market as the full “trade war” breaks out.

今のところ制裁関税がもたらす悪影響について、市場の見積もりはそれほど深刻ではない。中国人民銀行(中央銀行)のアドバイザーは、米国が500億ドルの中国製品に関税を課せば、中国の成長率を0.2%ポイント押し下げるとの見通しを明らかにした。
市場エコノミストは、今年の中国の経済成長率の直接的な押し下げ効果が0.1─0.3%ポイントで、米成長率も若干下振れすると想定する。
For now the market estimate is not that serious about the negative impact of sanctioning tariffs. An advisor to the People’s Bank of China (central bank) revealed that if the US imposes tariff on Chinese products of 50 billion dollars, it is expected to push down the growth rate of China by 0.2%.
Market economists assume that the direct depression effect of China’s economic growth rate this year is 0.1-0.3 percentage points, and the rice growth rate also falls slightly.

ロイター / 2018年7月10日
(Samuel Shen、Vidya Ranganathan記者)

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ