ユーロドルはなぜ急落したのか?①

2018年6月10日からの第2週は、米朝首脳会談をはじめ、FRB(米連邦制度理事会)、ECB(欧州中央銀行)、BOJ(日本銀行)と3つの主要中央銀行の政策決定会合が開かれるという、歴史的な1週間でした。
そして、その中で最も市場インパクトがあったのはECB理事会でした
The second week from June 10, 2018, including the US-North Korean summit, the Federal Bureau of Economic Cooperation (FRB), ECB (European Central Bank), BOJ (the Bank of Japan) and the three major central banks It was a historic week that the meeting will be held.
And the biggest market impact among them was the ECB Executive Board.

急落のポイントは2つ
ECB理事会では、量的緩和政策を2018年10月以降150億ユーロに減額し年内(12月)に終了すること、そして2019年夏まで現行の政策金利を変更しないという新しい「フォワード・ガイダンス」が決まりました。
The point of plummeting is two
The ECB Executive Board decided to reduce the quantitative easing policy to 15 billion euros since October 2018 and end in the year (December), and new “forward guidance” not to change the current policy rate until the summer of 2019 Has been decided.

この決定を受けてユーロドルは、当初は「量的緩和政策終了」という点が注目されて発表前の1ユーロ1.1800ドル前後から1.1851ドルへと上昇しましたが、新しいフォワード・ガイダンスの意味に気付いたプレーヤーから次々とユーロドルを売り始め、結局その日の安値1.1564ドルへと、287ポイントもの急落となりました。
In response to this decision, Eurodul initially noticed the “end of quantitative easing policy” and rose from around 1.1800 dollars around 1.1800 dollars before the announcement to 1.1851 dollars, but noticed the meaning of the new forward guidance From the players began selling the euro doll one after another, eventually dropping by 287 points to the low price of 1.1564 on that day.

なぜ、この決定でここまで大きく動いたのか――。
理解できない人も多かったと思います。市場関係者の説明もポイントを付いているようには見えませんでした。
私が思うに、急落のポイントは2つあったと思います。
まず、発表前に市場がユーロドルロングだったことです。ECB政策決定の1週間ほど前に、多くの理事たちが発言しましたが、ドラギ総裁に近くハト派目されるプラート専務理事が量的緩和政策の終了の議論を、ECB理事会で行うべきと発言したことが市場の雰囲気を変えました。
Why did this move so far?
I think that there were many people who can not understand. The market participants’ explanation did not seem to have a point.
I think that there were two points of plummeting.
First of all, before the presentation the market was Euro doll long. Around a week before the ECB policy decision, many directors said, but Prato executive director, who is regarded as a pigean who is close to President Draghi, should discuss the end of the quantitative easing policy at the ECB Executive Board He said that he changed the atmosphere of the market.

その後、ECB理事会まではどんなにユーロ売りと解釈できるニュースが発表されてもユーロドルは堅調に推移しました。また、こういったことは単なる憶測なので書くべきでもないでしょうが、何らかのインサイダー的情報も出回ったように聞こえてきました。次の理事会で量的緩和政策終了だと。
そして、本当に6月12日の理事会で量的緩和政策が終了されました。「やった!」と思ったプレーヤーも多かったでしょう。しかし、その政策決定には予期せぬ新しいフォワード・ガイダンスが付いていたのでした。
After that, euro dolls remained steady no matter how news that could be interpreted as euro selling was announced to the ECB Executive Board. Also, since these things are just speculation, they should not be written, but I heard that some kind of insider information has also been circulated. The next Board of Directors concludes that the quantitative easing policy ends.
And, at the Board of Directors of June 12, the quantitative easing policy was finished. Many players thought “I did it!” However, the policy decision had unexpected new forward guidance.

J-CAST会社ウォッチ 志摩力男

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ