M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFUNDBOOK が、見つめる未来とは!?②

①⇒

実は畑野自身も、廃業によって生活が激変した経験がある。14歳のとき、父親の勤務先だった山一証券が自主廃業。裕福な暮らしは一転し、畑野家は逆境に追い込まれた。苦労が絶えず、疲労困憊する両親を何とか助けたい。その切実な思いが、畑野の起業家としての原点となった。
Actually, Hatano himself also experienced a drastic change in life due to the discontinuance. At the age of 14, Yamaichi Securities, the father’s work place, was voluntarily closed. Rich lifestyles turned around, Hatano family was driven into adversity. I want to help my parents who are exhausted all the time because of their hardships. That urgent thought became the starting point as Hatano’s entrepreneur.

畑野は、大学時代にインターネット広告事業会社を創業し、現在に至るまで2度のスタートアップを成功させ、2度にわたる株式譲渡を実行。FUNDBOOKによるM&Aプラットフォーム事業は、実に3度目のスタートアップへの挑戦となる。
Hatano established the Internet advertising company in college, succeeded in two startups up to now, and carried out the stock transfer twice. The M & A platform business by FUNDBOOK is really a challenge for the third startup.

「M&Aによって事業を成長させたいと考えている企業はおよそ10万社あるといわれます。そのうち、1社にも必要とされないというのであれば、その会社は廃業すべきかもしれません。でも、必要とされる可能性があるのなら、従業員の方々やサービスをしっかり引き継いでくれる企業を一緒に探したい。関わる人すべての“Happy Life”を実現したい。それが、僕らのM&Aプラットフォーム事業の根幹にある理念です」
“It is said that there are about 100,000 companies wanting to grow their business by M & A. If one company does not need it, the company may have to go out of business, If there is a possibility that it may be necessary, I would like to find a company that will take over the employees and the service firmly together, I would like to realize “Happy Life” of all the people involved.It is that of our M & A platform business It is a fundamental philosophy. ”

このM&Aプラットフォームサービスでは、買収を検討している企業(譲受企業)が、売却を検討している企業(譲渡企業)の状態や資産状況、価値などの案件情報(ノンネーム)をオンライン上で自由に閲覧し検討できる。
「従来のM&Aでは、マッチングがアドバイザー個人の裁量に委ねられ、取引実績のある企業が優先されるなどの不公平が、ごく当たり前に行われてきました。かといって、アドバイザーを一切介さず、直接取引すれば、公平性が担保できるかというと、そうではありません。
In this M & A platform service, a company (transferee company) that is considering acquisition is free to make online on-line information (non-name) such as the state, asset status, value, etc. of the company (transfer company) You can browse and review.
“In traditional M & A, unfairness such as matching has been left to the discretion of individual advisors, companies with transaction records are given preference, etc. Nevertheless, it has taken place without any advisor, If you trade directly, if you say whether fairness can be secured, it is not so.

多くの場合、譲受企業のほうが、譲渡企業よりもM&Aに関するリテラシーが高い。アドバイザーなしで取り引きに臨むと専門知識が不足しているがゆえに、いいように安く買いたたかれて泣き寝入りするといったリスクもはらんでいました。こうした不公平を解消し譲受企業と譲渡企業いずれにとっても平等な選択肢を提供したいと考えています」
In many cases, transferee companies have higher M & A literacy than transfer companies. Because there is a lack of expertise when dealing with transactions without an advisor, there was also a risk that it was bought cheaply so that it would be nice to cry. We want to eliminate such unfairness and to offer equal choices for both transferee companies and transfer companies. ”

従来のノンネームは、必要最小限の情報のみというのが一般的だが、FUNDBOOKは案件を担当するアドバイザーのコメント掲載にも力を入れる。どのような文化をもつ企業なのかを知ることが、より互いのニーズに合ったM&A実現に役立つと考えるためだ。
「結局、M&Aはすべてオートマチックに行うのは絶対的に無理なんです。僕自身がこれまでに2度、株式譲渡を経験しているのでわかるのですが、最終契約に至るまで売り手と買い手はずっと交渉し続けなくてはいけない。
Although it is common that conventional non-naming is only necessary minimum information, FUNDBOOK also puts emphasis on the comment by advisors in charge of projects. It is to think that knowing what kind of culture companies are more useful for achieving M & A more suited to each other’s needs.
“In the end, it is absolutely impossible to do all M & A automatically, I know because I’ve been trading shares twice so far, but the seller and buyer stayed up to the final contract I have to keep negotiating.

検討フェーズではオンラインで自由に情報を集め、その後の交渉フェーズから最終契約フェーズにかけては、アドバイザーを有効活用し、フェアな交渉を実現する。オンラインとオフラインの“いいところ”を融合したのが、今回のM&Aプラットフォームです」
In the review phase, we collect information freely online, and from the subsequent negotiation phase to the final contract phase we will make effective use of advisors and realize fair negotiations. It is M & A platform of this time that fused online and offline “nice place”. “

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ