EVブームの次に来るFCVのメガトレンド!! 日本のダントツ水素技術が世界を圧倒か!?(完)

国の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、現在100カ所程度の水素ステーションの数を、2020年度までに160カ所、25年度までに320カ所へと増加させる目標を掲げている。今年3月には、自動車メーカー、水素インフラ事業者、金融投資家等の民間企業11社(その後6社が加わり現在17社)により、水素ステーションの本格整備を目的とした「日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM:ジェイハイム)」が設立された。
The government’s “Hydrogen / Fuel Cell Strategy Roadmap” has set the goal of increasing the number of hydrogen stations in the current 100 places to 160 plants by 2020 and to 320 places by fiscal 2013. In March this year, 11 private enterprises such as automobile manufacturers, hydrogen infrastructure operators, financial investors and others (six companies joined afterwards and now 17 companies), the “Japan Hydrogen Station Network jointly aimed at full-scale development of hydrogen stations Company (JHyM: Jayhem) “was established.

これにより、民間企業がオールジャパン体制を組み、国や自治体とも一体となって、「ニワトリと卵」の関係から「FCVと水素ステーションの好循環」の創出へと進化する体制が整った。
好循環」でFCV販売台数が増えれば、量産効果により車両価格の低下も期待できる。その時期は、水素ステーションの整備が順調に進めば2020年代後半と見込まれる。
As a result, a private company established an all-Japan regime, became united with the national government and municipalities, and the system to evolve from the relation of “chicken and egg” to the creation of “a virtuous circle of FCV and hydrogen station” has been established.
If the number of FCV units sold increases in “virtuous circle”, the reduction in vehicle price can be expected due to mass production effect. At that time, if the maintenance of the hydrogen station progresses smoothly, it is expected to be in the latter half of the 2020s.

世界でFCV開発熱が盛り上がる
世界的なEVシフトの潮流の中で、FCVが日本だけの「ガラパゴス」技術になるとの指摘も聞かれる。だが、それは皮相的な見方であろう。世界の自動車市場は年間1億台という巨大市場だ。次世代環境車をEVだけで担うのは、力不足なことは明らかだ。将来的には、小型車・短距離はEV、大型車・長距離はFCVという棲み分けでどちらも普及拡大する、という見方が世界的にも主流となっている。
FCV development fever rises worldwide
Among the trends of the global EV shift, there are points to point out that FCV will become “Galapagos” technology only in Japan. However, that would be an apparent view. The global car market is huge market of 100 million a year. It is obvious that it is not enough to carry the next generation environmental vehicle with only EV. In the future, the view that expansion spreads both in compact cars · short-range EV, large-sized cars and long-distance FCV is widely spread worldwide.

では、世界の自動車メーカーは今後どう動くのか?
KPMGインターナショナルが、2017年秋に、世界43カ国の主要自動車関連企業の幹部レベル907名を対象に行った調査によると、2025年までの自動車業界の主要トレンドとしてFCVがトップ(52%)に挙げられた。また、2030年のグローバル生産台数予測は、EV3000万台に対し、FCV2600万台と、ほぼ拮抗している。(出典:「KPMGグローバル自動車業界調査」2018年度版)
So, how do global automakers move in the future? In case
According to a survey conducted by KPMG International in the autumn of 2017 on top executives level of major automobile companies in 43 countries around the world, FCV is listed as the top trend (52%) as the major trend of the automobile industry until 2025 It was. In addition, the global production forecast for 2030 is almost antagonistic, with an FCV of 26 million compared with EV 30 million. (Source: “KPMG Global Automobile Industry Survey” 2018 edition)

この調査結果からは、世界の主要メーカーは、足元でEVシフトを進める一方、FCVを今後の最重要トレンドと位置づけ、開発・生産に踏み出す意図が読み取れる。
具体的な動きも出ている。GMとホンダは昨年、燃料電池システムの量産を行う合弁会社を設立した。新会社は、デトロイト近郊にあるGM工場内で2020年ごろから生産を開始し、両社が今後それぞれ発売するFCVに搭載する。
Based on the results of this survey, major world makers can move forward with EV shift at the current stage, position FCV as the most important trend in the future, and read the intention to step in development and production.
Specific movements are also emerging. GM and Honda last year established a joint venture to mass-produce fuel cell systems. The new company will begin production around the year 2020 within the GM factory near Detroit, and will be installed in FCVs that both companies will release in the future.

BMWは、トヨタと提携し本格的にFCVに進出することを明らかにしている。2021年に小規模生産を開始、25年から本格的な量産体制を構築し、その時点ではEV並みの販売価格を目指すとしている。
GMやBMWに限らず、多くの欧米メーカーが、水面下で着々とFCVの開発を進めている。各国政府(および州政府)も、FCVの研究開発や、水素ステーションの整備に多額の補助金を出して強力にバックアップしている。
BMW has revealed that it will partnered with Toyota to enter the FCV in earnest. Small scale production started in 2021, a full-scale mass production structure is established from 25 years, and it is said that it aims at the selling price comparable to EV at that time.
Not only GM and BMW, many Western manufacturers are steadily developing FCVs under the water surface. Governments (and state governments) also powerfully back up FCV research and development and hydrogen station maintenance by providing a large subsidy.

また、世界一のEV大国中国は、「製造強国」を目指す国家戦略「メイドインチャイナ2025」に、FCVの産業化と水素インフラの整備を進めることを明記している。地方政府レベルでは、上海市が昨年9月、「上海市燃料電池車発展計画」を発表。2025年までに、水素ステーションを50カ所建設し、FCV乗用車を2万台以上、バスやトラックなどの特殊車両を1万台以上にするというアグレッシブな目標を打ち上げた
世界中の自動車メーカーを巻き込んだ「EVシフト」が一段落した次には、官民一体となったFCV開発競争がヒートアップすることが予想される。
In addition, the world’s largest EV superpower China stipulates that industrialization of FCV and improvement of hydrogen infrastructure will be promoted in national strategy “Made in China 2025” aiming for “manufacturing power country”. At the local government level, Shanghai City announced “Shanghai Municipal Fuel Cell Vehicle Development Plan” in September last year. By 2025, we set up 50 hydrogen stations, launched an aggressive goal to make over 20,000 FCV passenger cars and over 10,000 special vehicles such as buses and trucks.
After the “EV shift” involving automakers around the world has settled down, it is expected that the public and private FCV development competition will heat up.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ