ARMいわく「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」

ここしばらく、ARMベースのプロセッサーは性能向上が顕著になりつつあります。そして早ければ来年、もしくは2020年あたりにはインテルのモバイル向けプロセッサーをその性能で追い越す瞬間が訪れるかもしれません。ARMは、最近公開したCortex-A76プロセッサーがすでにインテルのCore i5-7300U(2.6GHz)と十分に張り合う性能を有すると考えていますが、さらに2019年に登場予定のコード名”Deimos”と”Hercules”では間違いなくインテルを凌駕する性能を備えることになると予想しています。
For some time now, ARM-based processors are improving their performance. And as soon as next year, or around 2020, the moment that overtakes Intel ‘s mobile processor for its performance may come. ARM believes that the recently released Cortex – A 76 processor already has sufficient performance to compete with Intel ‘s Core i 5 – 7300 U (2.6 GHz), but furthermore the code names “Deimos” and “Hercules “We are expecting that we will definitely have a performance that surpasses Intel.

ARMの予測では、モバイル向けのチップがより効率を向上させ、最終的にノートPCクラスの処理性能を身につけることになるとしています。
According to ARM’s forecast, mobile chip will improve efficiency and finally will acquire notebook class processing performance.

もちろん、これはARM自身による予想であるため、いくらか割り引いて受け止めておくべきかもしれません。たとえば説明に使われる比較図には、ARMプロセッサーの2倍以上のコアを詰め込むものもある第8世代Coreシリーズが含まれておらず、比較しているのも整数演算による評価のみで、浮動小数点演算やその他の性能指標となるテスト結果はありません。つまり、ARMは一番見栄えのする結果のみを示しているわけです。
Of course, this is an anticipation by ARM itself, so it may be somewhat discounted. For example, the comparison diagram used for explanation does not include the 8th generation Core series which packs more than twice as many cores as the ARM processor, and only the evaluation by integer arithmetic is being compared, only the floating point There is no test result which is a calculation or other performance indicator. In other words, ARM shows only the most appealing results.

ただ、それはどこの企業もよく使う宣伝的側面であって、ARMの主張がすべて嘘だということでもありません。クアルコムではノートPCに搭載するためのSnapdragonを開発しているという情報もあります。DeimosとHerculesが本当に十分な処理速度を伴って登場すれば、バッテリーの持ちではなく総合的な性能でARMベースのノートPCを選択する日がやってくる可能性は否定できません。
However, that is a publicity aspect that any company uses frequently, not that all ARM claims are lies. There is also information that QUALCOMM is developing Snapdragon to be mounted on a notebook PC. If Deimos and Hercules show up with really fast processing speeds, we can not deny the possibility that the day to pick an ARM-based laptop with overall performance rather than having a battery.

そして、今回の発表はインテルを慌てさせるのに十分な力を持っているといえるでしょう。というのもARMベースのチップがすでに7nmや5nmプロセスでの話をしているにもかかわらず、インテルはいまだ10nmプロセスでのCPU開発に四苦八苦しているところです。もちろん、ARM版Windows 10などOS側の良否も関わってくるものの、このままいけばインテルが性能でARM勢に破れ、ユーザーがARM搭載ノートPCを選ぶようになる可能性もありそうです。
And this announcement has enough power to hurt Intel. Despite ARM-based chips already talking about 7 nm and 5 nm processes, Intel is still struggling to develop CPUs in the 10 nm process. Although the quality of the OS side such as ARM version Windows 10 will also be involved, of course, Intel will be able to break into ARM musical performance with performance as it is, and it seems that there is a possibility that the user may choose the notebook PC equipped with ARM.

CNNニュース

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ