メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!(完)

そもそも日本の銀行は預金と融資の担当が別々で、10年付き合っても信用格付けができていない。顧客から見て組織が異なると、新たに「申込書」を提出しなければならない。顧客中心ではなく、銀行の縦割り組織の中で時代遅れの“天動説”を貫いているのだ。
Originally Japanese banks are in charge of deposits and financing separately, and credit ratings are not made even if they attend 10 years. If the organization is different from the viewpoint of the customer, a new “application form” must be submitted. It is not customer-centric, but it runs through an outdated “False Theory” among the bank’s vertical division organization.

中国だけでなく、インドも2009年に指紋と虹彩の生体情報や顔写真を登録する国民識別番号制度「アドハー」を導入したことにより、今や「スマホ=銀行」になっている。インドの場合、地方では銀行の支店がない町や村が大半だから、アドハーを活用した電子マネーやスマホ決済などのモバイル金融サービスが一気に普及したのである。モディ政権が2016年に「脱税退治」で500ルピーと1000ルピーの高額2紙幣を廃止したことも、キャッシュレス・ソサエティへの移行を後押ししている。
Now, not only in China, but also in India, “smaho = bank” is now being introduced by the introduction of the National Identification Number system “Adha” which registers biometric information and face pictures of fingerprints and iris in 2009. In the case of India, since there are mostly towns and villages that do not have bank branches in rural areas, mobile financial services such as electronic money and smartphone settlement utilizing advertisers have spread all at once. The fact that the MODD government abolished two high-priced bank notes of 500 rupees and 1000 rupees in “tax evasion” in 2016 also pushes the transition to the cashless society.

もはや中国でもインドでも、キャッシュを前提とした銀行の支店やATMは必要なくなっているのだ。
一方、日本は未だにキャッシュ・ソサエティである。日本生命保険の調査によると、2015年の個人消費は現金の利用が49.5%を占めている。「現金主義」が根強いため、まだ個人消費の半分がキャッシュ決済なのである。
Branch offices and ATMs that are premised on cash are no longer necessary in either China or India.
On the other hand, Japan is still a cash society. According to a survey by Nippon Life Insurance, the consumption of cash accounts for 49.5% of personal consumption in 2015. “Cash basis” is deep-rooted, so half of private consumption is still cash settlement.

しかし、スマホ決済が当たり前の中国人をはじめとするインバウンドの波が世界から押し寄せ、訪日外国人客数が3000万人を超えて4000万人に向かおうとしている現在、日本も変化せざるを得ない。しかも、国内では「Suica」「PASMO」といった交通系ICカードの電子マネーでコンビニやファストフード店などの支払いができるようになり、急速にキャッシュレス・ソサエティへと移行している。
However, as the waves of inbound, including the Chinese who are familiar with the settlement of smaho, are flooding from the world and the number of foreign guests visiting Japan is going to over 40 million and towards 40 million people, Japan is inevitable . Moreover, domestically, payment for convenience stores and fast food shops has become possible by electronic money of transportation type IC cards such as “Suica” and “PASMO”, and it has rapidly shifted to the cashless society.

となると、日本の銀行も支店やATMや人が不要になるのは自明の理だ。本店にビッグデータやAIを駆使してモバイル金融サービスを運用する多数のシステム・エンジニアと法人営業部隊さえいれば、事足りてしまう。そのような状況になるのはおそらく5年以内、遅くとも10年以内だろう。
It is obvious that banks in Japan and branches, ATMs and people will be unnecessary. As long as there are a lot of system engineers and corporate sales force who operate mobile financial services by using big data and AI at the head office, it will be enough. It will probably be within five years at the latest, within ten years at the latest.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ