メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!①

日本の銀行はメガバンクも地銀もジリ貧状態に陥り、経済紙誌には「銀行消滅」「銀行の危機」「銀行員が大量失職」「銀行員の不安」といった記事があふれている。
実際、日本経済新聞(5月17日付朝刊)によると、3メガバンクの2018年3月期決算では、本業の儲けがしぼむ一方で従業員数が増加した結果、1人あたりの生産性は5年前の半分に落ち込んだという。
Japanese banks have fallen into a state of jealousy in megabanks and regional banks, and articles in economic paper magazines such as “bank annihilation“, “banking crisis”, “bank officials losing jobs”, “bankruptcy insecurity” are overflowing.
In fact, according to the Nihon Keizai Shimbun (morning edition of May 17), the 3 M megabank banking settlements for the fiscal year ended March 31, 2018 resulted in an increase in the number of employees while the profit of the main business faded, and the productivity per capita was 5 years ago It is said that it fell to half.

決算会見で各のトップからは店舗やATMといった固定資産の維持費用をいかに抑えていくかについての発言が相次いだそうだが、それは表面的な問題にすぎない。日本の銀行が抱えている本質的な問題は、当の銀行員たちが5年後、10年後の銀行のビジョンを描けていないことである。
From the top of each row at the closing conference it seems that some remarks on how to keep maintenance costs of fixed assets such as stores and ATMs, but it is only a superficial problem. The essential problem that Japanese banks have is that the bankers in question can not draw the bank’s vision after five years, ten years later.

たとえば、お隣の中国にはeコマース最大手アリババ傘下の金融会社アント・フィナンシャルの「アリペイ(Alipay=支付宝)」、SNSとオンラインゲーム最大手テンセントの「ウィーチャットペイ(WeChat Pay=微信支付)」というスマートフォンやタブレットPCによる簡単・便利な決済サービスがあり、利用者数がアリペイ約5億人、ウィーチャットペイ約9億人に達している。その結果、今や両社は決済だけでなく貯金や資産運用などの金融サービスも手中に収め、従来の銀行がほとんど“無用の長物”になってしまった。
For example, in the neighboring China we call “Alipay (treasure)” by financial firm Antibes Finance, the largest e-commerce company, Ali Baba, SNS and “Tencent of Weight Chat” (WeChat Pay) There are easy and convenient payment services using smartphones and tablet PCs, with the number of users reaching about 500 million Alipay and about 900 million Wiechat Pay. As a result, both companies now have financial services such as savings and asset management in hand, as well as settlement, traditional banks have become almost “useless longs”.

また、ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、アント・フィナンシャルが運用している4%を超える高金利のMMF(マネー・マネジメント・ファンド)「余額宝」の管理資産規模は、わずか4年で23兆3000億円に膨れ上がり、世界一になったという。その額は、2位のJPモルガン・アセット・マネジメントが運用するMMFの2倍以上だ。
According to the Wall Street Journal, the size of the assets under management of MMF (Money Management Fund) “Surplus Treasures” with a high interest rate exceeding 4% operated by Anto Financial is only 23 trillion It rose to 300 billion yen and said it became the world’s best. That amount is more than twice the MMF operated by JP Morgan Asset Management in second place.

さらにアント・フィナンシャルは、小規模企業や個人事業主への融資を一瞬で行なっている。「3・1・0」というシステムで、スマホのアプリから融資を申し込むと即座にコンピューターが可否を判断し、数分以内に送金される。融資申請の記入に必要な時間が「3」分、可否を判断する時間が「1」秒、そして審査に携わる人間は「0」人。つまり、融資対象の取引状況や経営状況などの情報を蓄積したビッグデータに基づいて信用評価し、AIによる審査だけで判断を下しているのだ。融資申請で未だに何枚もの書類にサインして実印を捺さねばならない上、審査に何日もかかる日本の銀行とは月とスッポンである。
In addition, Anto Financial makes loans to small businesses and individual business owners for a moment. With the system of “3 · 1 · 0”, as soon as we apply for loans from the application of the smartphone, the computer judges the availability and will be remitted within a few minutes. “3” for the time required to fill out the loan application, “1” second for judging propriety, and “0” for the person engaged in the judgment. In other words, it evaluates credit based on big data accumulating information such as the transaction situation and management situation of the loan target, and makes judgment only by AI review. In the loan application, you still have to sign several documents and create a seal, and the Japanese banks that take days to review will be months and turp.

NEWSポストセブン / 2018年7月10日
大前研一氏

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ