「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質! ④

今日の成功があるのはステートメントのおかげ
Thanks to the statement that today’s success is

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」というステートメント。これはすごくいいと私自身が思っています。すばらしいですよ、これは。本人がそう言うんですから。
(会場笑)
これが本当の自画自賛と言います(笑)。僕はこのステートメントのおかげで、これを実践してきたから、本日の姿があるんじゃないかと思います。その具体例をお話しします。
Statement that “change clothes, change common sense, change the world”. I think this is very good. It is wonderful, this is. Because the principal says so.
(Venue lol)
This is called real self praise (laugh). I am thinking that there is something of today as I have practiced this thanks to this statement. I will tell you a concrete example.

まず、フリース。東京の原宿で店舗をオープンするときに、それまで高額で、登山家などの一部の人のための服だったフリースを、誰もが手に取りやすい値段の1,290円で、通常時は1,900円だったと思いますが、これで販売していました。爆発的にヒットしました。そのとき、フリース素材を東レさんにお願いしました。
その後、世界最高水準の技術力を持つ東レさんとの戦略的なパートナーシップでヒートテックを開発し、過去の冬のインナーの概念を変えました。これに続くものが、今のシーズンのもの。暑いですよね、今日は。37度とか38度あります。そんなときは、ぜひエアリズムをお買い上げください。それが、ヒートテックの次に続くものです。
First, fleece. When opening a shop in Harajuku, Tokyo, it is expensive, until then, fleece, which was a clothing for some people such as mountaineers, at a price of 1,290 yen that everyone can easily take, usually 1,900 I think that it was yen, but it sold with this. It exploded hit. At that time, I asked Toray for a fleece material.
After that, he developed a heattec with a strategic partnership with Mr. Toray with the world’s highest level of technical ability, and changed the concept of the inner winter in the past. The ones following this are those of the current season. It is hot, is not it today. There are 37 degrees or 38 degrees. In such a case, please purchase Air Rhythm by all means. That is what Heatotek follows.

カジュアルウェアチェーンの常識を覆して、都心に大型店の出店をし始めました。(スライドを指して)これはたぶん銀座店だと思います。ヨーロッパ・アメリカ・中国・東南アジアなどの海外への展開。我々は、世界一のブランドになりたいと考えております。世界一のブランドになるためには、こうした挑戦は欠かせないものです。
その次(のスライド)をお願いします。ファーストリテイリングですが、2017年8月期の売上収益は1兆8,619億円、営業利益は1,764億円。過去最高の業績でありました。中でも海外ユニクロの営業利益は、前期比ほぼ倍増の731億円となりました。
今期ですが、2018年8月期の業績予想では、売上収益は2兆1,100億円、前期比13.3パーセント増。営業利益は2,250億円で、前期比27.5パーセント増。海外ユニクロの売上収益は、初めて国内ユニクロの売上を超える予定です。……あ、まだ超えてません。たぶん超えると思います。
(会場笑)
We began to open large stores in the downtown, overturning the common sense of casual wear chains. (Pointing to a slide) I think that this is probably a Ginza store. Expansion to Europe, America, China, Southeast Asia and other overseas markets. We would like to be the best brand in the world. In order to become the best brand in the world, these challenges are indispensable.
Next (slide) please. Although it is FAST RETAILING, sales revenue for the fiscal year ending August 2017 was 1,861.9 billion yen, and operating profit was 176.4 billion yen. It was the highest achievement ever. Among them, UNIQLO International’s operating profit almost doubled year on year to 73.1 billion yen.
In the current fiscal year, the earnings forecast for the fiscal year ending August 2018 saw sales revenues increase 2.110 trillion yen, up 13.3% from the previous year. Operating income was 225 billion yen, up 27.5% from the previous year. The overseas UNIQLO sales revenues will exceed the sales of UNIQLO Japan for the first time. Ah, I have not exceeded it yet. I think that it probably exceeds.
(Venue lol)

営業利益も、ほとんど国内と同水準になります。2001年にロンドンに1号店を出して、17年でここまで来ました。ユニクロは現在、ニューヨークやパリ・ロンドン・上海・シンガポールなど、世界の主要都市の中心的な繁華街に旗艦店や大型店を出店し、どのエリアでもお客さまの高い支持を得ております。
ユニクロは世界中で2,000店舗以上、ファーストリテイリンググループはたぶん3〜400、500店舗はあるんじゃないかと思います。中でも中国大陸・香港・台湾を含むグレーターチャイナ、あるいは東南アジア。ここで、とくに強力なブランドポジションを確立しております。
この秋には、スウェーデン・オランダに引き続きデンマーク・イタリア・ベトナム・インドなどにも出店しようと考えておりまして、グローバルブランドとしての存在をより強固にしていきたいと考えております。
Operating profit is almost the same level as in Japan. I made the first shop in London in 2001 and came here in 17 years. UNIQLO is currently opening flagship stores and large-scale shops in central downtown areas of major cities in the world such as New York, Paris, London, Shanghai, Singapore, etc. We have gained high customer satisfaction in every area.
I think that UNIQLO has more than 2,000 stores worldwide and the FAST RETAILING group probably has 3 to 400, 500 stores. Among them, Greater China including Mainland China, Hong Kong and Taiwan, or Southeast Asia. Here, we have established a particularly powerful brand position.
In this autumn, we are planning to open stores in Denmark, Italy, Vietnam, India etc. following Sweden and the Netherlands, and we would like to further strengthen our presence as a global brand.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ