「米金融帝国」のカラクリ!?中国には真似できない!①

米中貿易戦争については、エスカレートすれば世界貿易が縮小し、世界的な景気後退につながるという悲観的なシナリオから、妥協と収束に向かうという楽観的なシナリオまで見解は分かれている。
しかし、関税引き上げ戦争の本質は、資産バブルを巡るゲームと同様に、先にやめた者が負ける一方、誰もが最後までブレーキを踏まずに走り続ければ破滅するというチキンレースであり、どこで止まるかは原理的に予測困難だ。
Regarding the US-China trade war, views are divided from a pessimistic scenario that world trade shrinks if it escalates, leading to a global recession, and an optimistic scenario of compromise and convergence.
However, the essence of the tariff raising war is the chicken race that, as with the game over the asset bubble, the one who loses before loses, but everyone keeps running without stepping on the brake until the end, where will it stop It is difficult to predict in principle.

<米中貿易戦争に2つの異質な要素>
この米中貿易戦争には2つの全く異質な要素が混在している。1つは米国の貿易赤字とは黒字国による米国に対する搾取だと考えているトランプ米大統領の途方もない経済学的な無知である。
There are two completely heterogeneous elements in the US trade war. One is the tremendous economic ignorance of President Trump I think that the US trade deficit is exploitation by the surpluses to the United States.

もう1つは、知的財産権を盗み、米国を含む先進国の合弁企業に中国への技術供与を強要し、サイバー空間でも産業スパイ活動をしながら、ハイテク産業分野で覇権を握ろうとしている中国の動きを阻止するという要素だ。これには米国の戦略上合理性があり、最近はトランプ政権以上に米連邦議会が、後者の点で対中国強硬姿勢に傾斜しているようだ。
The other is stealing intellectual property rights, forcing a joint venture company of developed countries including the United States to provide technology to China, while also doing industrial espionage in cyberspace, trying to grab hegemony in the high-tech industry field It is an element that stops the movement of China. This has strategic rationality in the US, recently the US Congress seems to be more inclined to the strong stance toward China against the Trump regime than in the latter point.

困ったことは、この異なる2つの要素が混在したままトランプ政権では展開されていることだろう。知的財産権の取り扱いについて、環太平洋連携協定(TPP)など多国間の場を利用し、米国が同盟国連携して中国に対峙すれば、より効果的な「中国包囲網」が可能だと思うのだが、トランプ大統領の貿易問題に関する狂った観念がそれを阻んでいる。
The trouble is that this two different elements will be mixed and deployed in Trump regime. Regarding the handling of intellectual property rights, using a multilateral agreement such as the Pacific Pacific Partnership Agreement (TPP), if the US faces China in cooperation with allies, it is said that more effective “China enclosing network” is possible I think that the mad idea about Trump ‘s trade problem is blocking it.

米中関税引き上げ合戦の勝敗は、中国の対米輸出は米国の対中輸出の約4倍であるという米中間の大きな貿易不均衡のゆえに米国有利との見方が優勢のようだ。ただし、完全雇用に近い米国経済の現況を前提にすれば、関税引き上げで貿易赤字が縮小することはあり得ない。その騒々しさにもかかわらず長期的にはいかなる経済的な成果も米国は得られないだろう。
The outcome of the U.S. tariff raising battle seems to be dominant by the view that the export to the US is about four times that of the US export to China, because of the large trade imbalance between the US and the United States. However, assuming the current state of the US economy close to full employment, it is impossible for the trade deficit to shrink by raising tariffs. Despite that noisiness, no economic outcome will be obtained in the long term.

むしろ注視すべきは長期にわたるハイテク分野での米中覇権争いの方だ。この点に関連しては少し前になるが、「米国経済の優位はこの先10年続く」(2015年1月14日付)のコラムでの「イノベーションにおける米国の優位」で述べた内容から私の見解は変わっていない。「この先20年」に延長しても同様だ。そのように考える論拠を1つだけ示しておこう。
Rather, gaze should be in the US and Chinese hegemony fight in the long-term high-tech field. It is a while ago in relation to this point, but from the content described in “US advantage in innovation” in the column of “The US economic advantage will last for ten years” (January 14, 2015) The view has not changed. Even if it extends to “the next 20 years”, it is the same. Let me show just one reasoning to think like that.

今日、アマゾン・ドット・コムやグーグル、フェイスブックなどに代表されるプラットフォーム・ビジネスが人工知能(AI)やクラウド技術を伴って世界を席巻している。中国でも巨大な国内市場規模をベースに同様の企業の台頭が顕著だ。
Today, platform and business represented by Amazon · dot.com, Google, Facebook etc. are sweeping the world with artificial intelligence (AI) and cloud technology. A similar company emerging in China based on the huge domestic market scale is remarkable.

ところが、中国は国家としてジョージ・オーウェルが小説「1984年」で描いたような監視社会、ビッグブラザー資本主義に向かっている。つまり、中国系プラットフォーム企業を利用することで情報が中国共産党に筒抜けになる体制だ。中国国内であればそれで仕方がないと思うのだろうが、中国外でそのような仕組みを受け入れることは、ユーザーにとっても、その国の政府にとってもあり得ないだろう。そこに限界が生じる。
However, China is headed towards a surveillance society, Big Brother capitalism as George Orwell described as a novel in 1984. In other words, it is a system that makes information to the Communist Party of China by using Chinese platform companies. I guess it would be inevitable if it were in China, but accepting such a mechanism outside China would be impossible for both the user and the government of that country. There is a limit there.

前置きが長くなったが、今回は世界経済における米国の立ち位置を考える上で、2015年のコラムでは書かなかった米国の経常収支と対外資産負債が持つ特異な優位性とその日本への含意についてご説明しよう。米国の経常収支と対外資産・負債には通常の国には見られない2つの特異な性質がある。
Although the introduction became longer, this time in considering the standing position of the United States in the world economy, the current account of the United States which did not write in the column of 2015, the unique advantage superior to foreign assets / liabilities and its implications for Japan I will explain about. The US current account and external assets / liabilities have two unique properties not found in the usual countries.

ロイター外国為替フォーラム
竹中正治氏

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ