エボラ:恐れと失敗と健康革命②

Forty years of fighting
“There are two defining epidemics of our time: the AIDS epidemic and Ebola,” said Peter Piot, director at the London School of Hygiene and Tropical Medicine.The celebrated microbiologist has been instrumental in combating both diseases. He was founding executive director of UNAIDS and he codiscovered the Ebola virus, which emerged 40 years ago in the DRC, then Zaire, and in what is now South Sudan.
40年の戦い
ロンドンの衛生熱帯医学学校のディレクターであるピーター・ピオットは、「私たちの時代には、エイズの流行とエボラの2つの流行があります。
有名な微生物学者は、両方の病気に対抗する手段となっています。彼はUNAIDSの執行取締役を務め、40年前にDRC、その後ザイール、そして今は南スーダンに出現したエボラウイルスを発見しました。

In August 1976, the headmaster of Yambuku Mission School in Équateur province arrived at the Catholic mission’s outpatient clinic, run by Belgian nuns, with chills and fever. He had just completed a two-week road trip north, toward the border of the Central African Republic, where he had purchased smoked monkey meat.
1976年8月、Équateur州のYambuku Mission Schoolの教頭は、ベルギーの尼僧が運営するカトリックの外来診療所に、寒さと発熱を伴って到着しました。彼は、中央アフリカ共和国の国境に向かって北に2週間の旅を終え、猿の肉を購入しました

At first, he was treated for malaria and returned home. But the headmaster returned a week later with a cascade of more serious symptoms. In early September, he died of profound hemorrhaging.
More patients soon arrived, and the nuns inadvertently spread the mystery disease through dirty needles.
最初はマラリア治療を受け、帰宅しました。しかし、校長は一週間後、より深刻な症状のカスケードで戻った。9月上旬、彼は重大な出血で死んだ。
間もなく、より多くの患者が到着し、修道女たちは不注意に汚れた針を通して謎の病気を広げた。

A broken vial of blood from one of the infected nuns eventually arrived at the Institute of Tropical Medicine Antwerp in Belgium, where Piot was working. He and his fellow scientists did not recognize the virus.
Piot was promptly dispatched to Yambuku, the youngest member of a team of scientists investigating the mysterious outbreak.
感染した尼僧の血液の瓶が破損し、ベルギーのアントワープ熱帯医学研究所に到着しました。彼と彼の仲間の科学者はこのウイルスを認識しなかった。
Piotは素早く謎に包まれた科学者チームの最年少メンバーであるYambukuに派遣されました。

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ