より多くのセックスを持つ10の健康上の利点②



It improves sleep.
Prolactin, a hormone that relaxes you, is also released after an orgasm. The combination of prolactin and all the rest of the “feel-good” hormones are why most people sleep better after sex.
To get the highest amount of prolactin, science suggests having an orgasm with a partner if possible. Research shows that the level of prolactin in both men and women after intercourse can be “400% greater than that following masturbation.”
それは睡眠を改善する
プロラクチンは、あなたをリラックスさせるホルモンで、オルガスムの後にも放出されます。プロラクチンと残りの「気分が良い」ホルモンの組み合わせは、ほとんどの人がセックス後によく眠る理由です。
最高量のプロラクチンを得るために、科学は、可能であれば、パートナーとオルガスムを有することを示唆している。研究によると、性交渉後の男女ともにプロラクチンのレベルは、「自慰行為後のものよりも400%高い」ことが示されています。

Unfortunately, sleep deprivation — which affects a third of Americans — can also impact sexual satisfaction. A study of nearly 10,000 women ages 50 to 79 found that those who got fewer than seven to eight hours of sleep a night were less likely to be sexually active. The older the woman, the more likely she was to report less sex when sleep-deprived.
残念ながら、睡眠不足はアメリカ人の3分の1にも影響し、性的満足度にも影響します。50?79歳の約10,000人の女性を対象とした研究では、夜間に7?8時間未満の睡眠をとる人は、性的に活動しにくい傾向があることが判明しました。女性の年齢が高ければ高いほど睡眠不足の時には性別の報告が少ない可能性が高い

Sacrificing sleep? Here's what it will do to your health
Sacrificing sleep? Here’s what it will do to your health
Sleep disorders can play a role. For example, men and women with obstructive sleep apnea, characterized by loud snoring and periods of breathing cessation, report a less active sex life.
Men are especially hard-hit. To produce testosterone, men need a good period of restful, uninterrupted sleep. Without that, they could have lower levels of testosterone and suffer erectile dysfunction.
睡眠を犠牲にする? ここであなたの健康に何をするのでしょうか?
睡眠を犠牲にする?それはあなたの健康に何をしますか
睡眠障害は役割を果たすことができます。例えば、大きな聴覚障害および呼吸停止期間を特徴とする閉塞性睡眠時無呼吸症の男性および女性は、性生活の活性が低いと報告している。
男性は特に大ヒットです。テストステロンを産生するために、男性は安らかな休息のない睡眠が必要です。それがなければ、彼らはテストステロンのレベルを低くすることができ、勃起不全に苦しんでいる。

What happens when sleep is improved? Good news for both sexes: Libido goes up.
According to a 2015 study, women who got a good night’s sleep were more likely to experience sexual desire the next day. In fact, a one-hour increase in sleep duration correlated to a 14% increase in the odds that a woman would engage in sex with her partner.
And researchers at Walter Reed Army Hospital found that using a CPAP machine, a breathing apparatus used to correct sleep apnea, improved sexual function and satisfaction for all men in their study but was especially helpful to those with erectile dysfunction.
Read: Do you get enough sleep?
睡眠が改善されるとどうなりますか?両方の性別の良いニュース:リビドーは上がる。
2015年の調査によると、良い夜の睡眠を取った女性は、翌日に性的欲求を経験する可能性が高かった。実際、睡眠時間の1時間の増加は、女性がパートナーと性交渉する確率が14%増加することと相関していました
そして、研究者ウォルターリード陸軍病院では、CPAPマシン、睡眠時無呼吸を補正するために用いられる呼吸装置を使用して、彼らの研究では、すべての人のための性機能および満足度を改善したが、勃起不全のものに特に有用であることがわかりました。
あなたは十分な睡眠を取れますか?

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ